SPサイトで見る

年間スケジュール

大学行事に関連して急遽変更される場合があります。
年間の開館カレンダーはこちらをご覧ください。

開館時間・休館日

開館時間

  • 平日 8:45~22:00 土曜日 9:00~17:00
    ※ 都合により開館日・開館時間を変更することがあります。

休館日

  • 日曜・祝祭日。夏季・冬季・春季休業期間中の一定期間。
  • 入試実施日など本学が定めた休業日・蔵書整理日。

利用対象者

本学構成員

  • 学部学生、大学院生、教職員など。

名誉教授。非常勤教員。臨床教員など。

  • 図書館カードを申請していただく必要があります。申請書はこちら(Excel PDF)
  • 調査研究目的での利用を希望される学外の方。(学外の方の利用案内はこちら)

入退館

入館

  • 学生証・教職員証をお持ちの方はゲートのICカード読み取り部分にカードをタッチさせ、バーが開いてから入館してください。図書館発行のカードをお持ちの方はカードのバーコードをバーの読み取り口にかざして入館してください。

退館

  • 入館と同じように退館ゲートにカードを読み込ませ、退館してください。
  • 貸出未手続きの資料を持って退館しようとすると、ゲートが反応し、ブザー音と共にロックされます。
    その場合は職員の指示に従ってください。

利用カードを忘れた場合や学外者で利用カードをお持ちでない場合は、カウンター職員にお声掛けくださるか、ゲートのブザーを押してください。

貸出

資料と利用カードをカウンターにお持ちください。

付属品はカウンターで利用手続きをしてください。

雑誌・視聴覚資料・参考図書・禁帯ラベルが貼られた図書は貸出できません。

貸出の種類

種類 内容
通常貸出 通常授業期間中の貸出。
長期貸出 夏季・冬季・春季の長期休業期間にあたる貸出。貸出延長は不可。
継続貸出 予約が無い場合に限り学生・カード発行の学外者は3回まで、大学院生・教職員は2回まで延長可能。手続き方法はこちら
実習貸出 実習期間中の貸出。3冊まで貸出可能。
「実習貸出申請書(教員の署名・押印)」の提出が必要。
申請書はこちら[Word PDF]
一夜貸し

視聴覚資料、製本雑誌以外の禁帯資料の貸出。
平日は19:00、土曜は15:00以降に手続き可能。
返却期限は翌開館日の10:00まで。
申請書はこちら[Excel PDF]

学外カード発行者は長期貸出、実習貸出、一夜貸し、研究室図書の貸出はできません。

貸出冊数・期間(通常貸出)

利用者 冊数 期間
教職員(非常勤・臨床教員) 大学院生 10 30日間
学部学生(科目等履修生等) 7 7日間
学外者 3 7日間

返却

資料は期限までにカウンターで返却手続きをしてください。

閉館時には図書館入口のブックポストに入れてください。

    ※ ブックポストには延滞資料や一夜貸しの資料は入れないでください。

罰則・弁償

罰則

  • 延滞した資料が返却されるまで、新たに資料を貸出することはできません。
  • 返却期限を過ぎた場合、ペナルティとして遅れた日数分の貸出を停止します。

弁償

  • 資料を紛失または汚破損した場合は、当該資料を弁済していただきます。カウンターへお申し出ください。

予約・貸出延長

予約

  • 貸出中の資料には予約を入れることができます。予約資料が返却され次第、館内掲示板またはメールにてお知らせします。
  • 本学の学生・大学院生・専任教職員は、OPACから予約手続きが可能です。

貸出の延長(継続貸出)

  • 返却期限内に資料と利用カードをカウンターにお持ちください。予約が無い場合に限り、2回まで延長貸出が可能です。
  • 本学学生・大学院生・専任教職員はMyOPACからも貸出延長の手続きができます。

コピーサービス

図書館内のコピー機では館内の資料に限り、著作権法第31条の範囲内でコピーすることができます。

館内のコピー機はコイン式とプリベイドカード式があります。プリベイドカード(コピーカード)は事前にお買い求め下さい。

著作権第31条の範囲内とは、以下を指します。

  • 資料の複写は著作物の一部分(資料の総ページ数の半分以下)であること
    (定期刊行物に掲載された各論文その他の記事は全部の複写も可能であるが、刊行後相当の期間を経たものであること)
  • 複写部数は一人につき一部のみであること
  • 利用者の調査研究のためであること
  • 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

相互利用

必要とする資料が本学図書館にない場合、他の関係機関から複写物や現物を取り寄せることができます。
但し、取り寄せにかかる諸費用は申込者の負担になります。

取り寄せサービス

  • 複写
    • 本学に所蔵していない資料の複写物を取寄せることができます。
    • 複写物の複写料金・郵送料は申込者の負担となります。
    • 著作権法31条により、申込みできるのは資料の総ページ数の半分以下です。
      また、雑誌の最新号の複写はできません。
  • 貸借
    • 本学に所蔵していない図書を他館から取り寄せて、一定期間利用することができます。
    • 雑誌や視聴覚資料は取り寄せできません。
    • 貸借資料の往復郵送料は申込者の負担となります。
    • 貸借資料の複写は著作権法31条により、総ページ数の半分以下です。

手続き方法

  • (1)文献の確認
    • [書誌]
    • 文献名(雑誌名)、出版年月、巻号頁、著者名、論題名を確認して下さい。
    • 雑誌名など略名ではなく、正式名を確認してください。
    • 雑誌記事は、「○巻○号○ページ~○ページ」まで確認してください。
    • [所蔵]
    • 本学図書館にその文献が無いことをOPACで検索して確認してください。
    • 特に雑誌はバックナンバー、電子ジャーナルの有無まで確認してください。
  • (2)記入・申込
    • [記入]
    • 「相互利用申込書」は館内にも設置しています。
      申請書はこちら(教員用[Word PDF] 学生用[Word PDF])
    • 記入事例を参考に漏れの無いように記載してください。サンプルはこちら
    • 記事検索結果や参考文献リストを別紙として添付しても構いません。
    • 校費の予算を持たない利用者が校費での精算を希望する場合は、申込時点で支払能力のある担当教員の署名と押印が必要です。
    • [申込]
    • カウンター職員への手渡し以外に、メールでの申し込みも可能です。
    • メールのお申込先は、libraryアットマークnuhw.ac.jp(アットマークは@に要変換)
    • 専任教員、大学院生、学部学生の方はMyOPACやリゾルバシステムである文献入手ナビ画面より直接相互利用申込が可能です。 詳しくはこちら
  • (3)文献の受取
    • 取り寄せには国内で1~2週間、海外で約1ヶ月程度要します。
    • 依頼先に関しては図書館に一任して下さい。
    • 文献が届いたら、館内掲示板またはメールでお知らせします。
    • 複写物はカウンターにてお引渡しいたします。
    • 私費(現金)でお支払いの際は、 小銭の用意をしておりませんので、お釣りのないようご準備ください。

紹介状の発行

  • 他大学の図書館を利用する場合、紹介状が必要なケースがあります。
    図書館長名での紹介状を発行しますので希望者は申し出てください。発行までは2~3日かかります。

カウンターの利用

文献調査、所蔵調査、各種データベースの使い方などの質問がある場合は、カウンター職員にご相談下さい。

パソコン・プリンターの利用

館内にはパソコン9台とプリンターが設置されています。本学構成員は、館内で個人持ち込みのノートパソコンを利用することができます。また館内は無線LANでのインターネット利用が可能です。LANケーブル接続口付閲覧席もあります。
※無線LANの利用は最初に設定が必要です。
※学外者の方が、持ち込みのパソコンでインターネットを利用することはできません。

図書館内にあるパソコン、プリンターを使用するには「館内マップ」をご参照ください。

構内での印刷環境、無線LANの設定などについては「ITマップ」をご参照ください。

希望図書(リクエスト)制度

本学に所蔵が無く、研究や学習に必要と考えられる資料の購入希望があれば、受入を検討します。

資料受入時、申込者には優先的にお貸しすることができます。

希望図書申込書に必要事項を記入のうえ、お申込ください。本学学生・大学院生・専任教職員はMyOPACからもお申込できます。

諸注意事項(マナー)

館内では静粛にし、他の利用者の迷惑になる行為は慎んでください。

返却期限や入館方法、各コーナーの使用上のルールは守ってください。

館内での食事・喫煙は厳禁です。ペットボトル、水筒などのふた付の容器の持ち込みは認めます。席で飲用する時以外はカバンなどにしまっておいてください。

館内では携帯電話をマナーモードにしてください。通話は館内の指定された場所か館外でお願いします。

資料や設備を大切に扱ってください。

貴重品は身に付けてください。

ロッカーの利用は一日限りの一時的な利用が原則です。個人のものではありません。

館内マップ

館内マップはこちら

学外者向け利用案内

一般来館

  • 本学では、調査研究目的で利用を希望される一般の方にも図書館を開放しています。
  • 閲覧席だけの利用やPC利用を主目的とされる場合はご遠慮願います。

利用について

  • 図書館内での資料の閲覧とコピーサービスがご利用いただけます。
  • 図書館カードの発行をされた方は、図書を貸出することができます。
  • 図書館(学外利用)カードの発行には以下の要件に合致することが必要です。

入館に際して

  • 図書館カードをお持ちで無い方は、入口ゲート手前でカウンターの職員に声を掛けるか又はゲートのブザーを押してください。
  • 入館後にカウンターにて来館者記入票に記帳いただきます。その際、身分証のご提示をしていただくことがあります。
  • 当日限りの入館カードをお貸します。お帰りになるときにご返却ください。

図書館(学外利用)カードの発行

  • 下記に該当される方には、図書館カードを発行します。
    • 本学の卒業生。
    • 新潟医療福祉学会の会員。
    • 愛広会・愛宕福祉会ご所属の方。
    • 本学実習施設職員の方。 詳しくはこちら
    • その他館長が許可した関係機関の方。
  • 利用条件
    • 下記にある制限以外は学部学生同様のサービスが受けられます。
    • 館外貸出は3冊、1週間です。
    • 研究室所在資料の貸出はできません。
    • 図書館間の相互利用サービスは一部の利用者対象です。
    • 認証を伴う、OPACからの予約やMyOPACは利用できません。
    • 学内ネットワークへのPC接続はできません。電源のみの使用は可能です。
      但し館内でPCを使用する場合はその旨申し出てください。
  • 図書館カードの申請について
    • 図書館カウンターにてお手続きください。
    • 新潟医療福祉学会会員は申請書をご記入の上、学会事務局へご提出ください。
    • 図書館カードの発行には1週間程時間を要します。
    • 図書館カードは図書館カウンターにてお渡しいたします。受取の際にはサインをいただきます。
  • 用意いただくもの
    • 「新潟医療福祉大学図書館カード申請書」 Excel PDF
    • 本人であることを証明するもの(免許証など顔写真があるものが望ましい)
    • お勤め先を証明するもの(保健証、身分証、名刺など)
    • 卒業生の方は発行手数料の200円(更新・再発行時にも必要)
  • 図書館カードについて留意事項
    • 有効期間はご身分によって異なります。カウンターにてご確認ください。
    • 有効期限切れの案内はしません。更新の時期はご自身で管理してください。
    • 図書館カードは他人に譲渡または貸与しないでください。
    • 本学への影響が懸念される場合、図書館カードの発行や更新を控えることがあります。
    • 申請内容に変更が生じた場合は速やかに知らせてください。
  • 図書館カードの発行要件と可能なサービス
愛広会・
愛宕福祉会
卒業生 新潟医療
福祉学会員
実習先
施設職員
発行 本人確認
身分(所属)確認 不要 不要
発行費用 200円
有効期間 申込日の翌々年度末 申込から1年 申込日の
年度末
申込日の翌々年度末
サービス 貸出期間 1週間 1週間 1週間 1週間
貸出冊数 3冊 3冊 3冊 3冊
認証機能 不可 不可 不可 不可
電話予約
電話延長
延滞罰則 適用 適用 適用 適用
複写依頼 不可 不可

長期貸出

実習貸出

一夜貸し

不可 不可 不可 不可

愛広会・愛宕福祉会、新潟医療福祉学会員カード発行者の相互利用サービスについて参照

愛広会・愛宕福祉会、新潟医療福祉学会員カード発行者の相互利用サービスについて

  • このサービスは本学の図書館を窓口にして、国内・国外の図書館間ネットワークを通じて文献の複写物を取寄せするサービスです。
  • 取り寄せは複写物のみです。文献の貸借依頼は受付いたしません。
  • 新潟医療福祉学会会員・愛広会ご所属で大学図書館カードを発行されている方を対象とします。
  • 連絡手段として日中通信できるメールアドレス(携帯不可)を保有していることが条件になります。原則として電話連絡はしておりません。
  • 手続き方法
    • (1)文献の確認
      • [書誌]
      • 文献名(雑誌名)、出版年月、巻号頁、著者名、論題名を確認して下さい。
      • 雑誌名など略名ではなく、正式名を確認してください。
      • 雑誌記事は、「○巻○号○ページ~○ページ」まで確認してください。
      • 書誌が不完全な場合は謝絶させていただくことがあります。
      • [所蔵]
      • 本学図書館にその文献が無いことをOPACで検索して確認してください。
      • 特に雑誌はバックナンバー、電子ジャーナルの有無まで確認してください。
    • (2)記入・申込
      • 「相互利用申込書」に必要事項を記入し、メールに添付のうえお申込みください。
      • 相互利用申込書はこちら[Word PDF]
      • お申込先は、libraryアットマークnuhw.ac.jp(アットマークは@に要変換)
      • 記入の仕方はサンプルを参照して下さい。誤字脱字にご注意ください。
      • 連絡先は日中に通信で可能なメールアドレス(携帯不可)をご記入ください。(電話連絡は行っておりません)
      • 申込みは1回あたり10件までとさせていただきます。
      • 処理案件中の後追い申込みは、なるべくご遠慮ください。
    • (3)文献の受取
      • 図書館で文献を取寄せます。
      • 取り寄せには国内で1~2週間、海外で約1ヶ月程度要します。また、依頼先に関しては図書館に一任願います。
      • 複写物が届いたら、指定のメールアドレスへお知らせします。複写物はカウンターでのお引渡しになります。
      • 支払いは現金精算になります。また、小銭の用意をしておりませんので、お釣りのないようご準備ください。
      • 到着通知後は1週間以内のお支払いをお願いします。特に月末は厳守いただくようお願いいたします。

My OPAC

詳細検索

OPAC

詳細検索