優れたQOL
サポーターになるための3ポリシー

  • ホーム
  • 優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

優れたQOLサポーターの資質・能力 STEPS
本学では建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義し、3ポリシーの中で使用しています。

リハビリテーション学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の基礎学力および学習能力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
チームワークを大切にし、リーダーシップを発揮してチームを導く力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
他者の意見を理解し、それに共感することができ、リハビリテーションを必要とする対象者を支援しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して妥当な判断をくだすために、他者の意見を取り入れながら、多面的に考える能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
リハビリテーション専門職を志す動機や意欲を有する。

リハビリテーション学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
リハビリテーションに関する科学的知識および科学的思考力を修得するため、基礎教養科目群や専門基礎科目群、専門専攻科目群を配置する。成果は基礎教養科目群や専門基礎科目群、専門専攻科目群の成績により評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
他人を理解する心とコミュニケーション能力を向上させ、リハビリテーション領域におけるリーダーシップ力を修得するために保健医療福祉教養科目群や保健医療福祉連携科目群などを配置する。成果は保健医療福祉連携科目群の成績により評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
リハビリテーションを必要とする対象者に対して適切な治療またはサービスを施行できる知識・技術・態度を修得するために専門基礎科目群や専門専攻科目群を配置する。成果は専門専攻科目群および臨床実習の成績により評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
幅広い教養と論理的思考力を養い、問題発見および問題解決力を修得するため、専門基礎科目群や卒業研究、臨床実習などを配置する。成果は卒業研究の成績により評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
リハビリテーション領域について優れたQOLサポーターになるための意欲を高め、生涯を通じて学修する力を修得するために基礎教養科目や保健医療福祉教養科目群、卒業研究などを配置する。成果は全修得科目の成績により評価する。

リハビリテーション学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
幅広い教養と、リハビリテーションの根幹である理学療法学、作業療法学、言語聴覚療法学、義肢装具療法学に関する高い知識および技術を有し、それらを活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
多職種と連携し、対象者の問題解決に向けた情報収集ができ、コミュニケーションを図りながら職務を遂行できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
医療従事者としての倫理観と責任感をもち、リハビリテーションを必要とする対象者の生き方を理解し、対象者の自立を促すために適切な支援ができる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
リハビリテーションに関する専門知識と他の職種からの情報を活かし、論理的思考によって対象者の問題を解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
国内外を問わず、広く社会情勢にも関心をもち、生涯を通じてリハビリテーションに関連する専門知識・技術を高めることができる。

医療技術学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の基礎的な学習能力と知識を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
相手の話をよく聞くこと、自分の考えを相手にわかりやすく伝えること、他者と協力してものごとを行う力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
対話や関わりを通して他者の意見や思いを把握し、それを共感的に理解しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
医療上のある事象に対して妥当な判断をくだすために、他者の意見を取り入れながら、多面的に考察する力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
医療領域の専門職を志す動機や意欲を有する。

医療技術学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
新しい知識・技術の活用力を修得するために専門分野において国家資格が取得でき、時代の求める医療従事者の一翼を担える人材を育成する科目群を配置する。成果は国家試験合格率で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
関連する多くの専門職間で連携し、協力しながら対象者のサポートにあたるチーム医療の一員として活躍できる知識や協調性、リーダーシップを身につけるために全学科の学生が共に学べる連携基礎ゼミ・連携総合ゼミを配置する。成果は連携総合ゼミで評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
医療の専門職として活躍できる確かな知識・技術と幅広い教養を身につけ、人間味ある高度医療人として対象者を支援する力を修得するために基礎から応用に至るまで段階的にカリキュラムを配置する。成果は臨床実習で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
問題点を発見し、解決への道筋を見つけ、創造する能力を育成し、医学・医療に関する学会発表、論文作成の基本を修得するために卒業研究ゼミを配置する。成果は卒業研究で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
さまざまな夢を相互に確認しあい、夢実現に対する関心と意欲を高めるために全入学生に対して作文「私の夢」を課し、全員が参加する発表会を配置する。医療におけるQOLの基本を学び、医療の優れたQOLサポーターとして自律的な生き方を修得するために個々の学生が関心をもつ科目を選択履修できる教養科目や実践行動学を配置する。成果は発表会および科目試験で評価する。

医療技術学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
専門知識・技術を有し、科学的な視点でものごとを考え、活用することができる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
チーム医療の一員として国内外を問わず対象者および他の職種とコミュニケーションを図りながら職務を遂行できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
自らの専門分野に関する高い技能を生かし、他の専門職と連携、協働し、対象者のニーズを把握したうえで支援を適切にできる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
さまざまな健康課題に対して、高い倫理観をもち、他の職種からの情報と合わせて論理的に問題解決ができる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
最新の医療情報や医療技術の進歩に関心をもち、常に専門性を追求するだけでなく、チーム医療の増進を主体的に学習し続けることができる。

健康科学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高校卒業相当の基礎的な学習能力と知識を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
相手の話をよく聞き、自分の考えを相手にわかりやすく伝えながら、他者と協力して物事を遂行する能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
対話や関わりを通して、他者の意見や思いを把握し、それを共感的に理解しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して妥当な判断をくだすために、他者の意見を取り入れながら、多面的に考える能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉・スポーツ領域の専門職を志す動機や意欲を有する。

健康科学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
1年次から4年次まで、基礎教養科目、専門基礎科目、専門専攻科目を段階的に配置する。基礎的知識を修得して、専門的知識や技術に活用したり探求できるカリキュラムを編成する。成果は資格試験・国家試験で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
専門職が連携・協働し、チーム医療・チームアプローチの一員として活躍するための協調性やリーダーシップを身につけるために他学科と合同で実施する科目を配置する。成果は授業後のアンケートまたは履修科目の成績により評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
幅広い教養を身につけ、対象者に共感し、支援できる素養を修得するために保健医療福祉教養科目群や保健医療福祉連携科目群を配置する。成果は、臨床実習、インターンシップ実習、教育実習で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
論理的に思考し議論する能力と、問題を解釈し解決する能力を修得するために健康科学についての専門科目や卒業研究、ゼミ活動科目を配置する。成果は卒業研究で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
優れた管理栄養士、健康・スポーツ・教育の専門職としての心構えを修得するために全入学生に対して作文「私の夢」が課されており、その「私の夢」を実現するために、さまざまな専門科目を配置し、将来設計を確認できるキャリア教育を実施する。また、主体的に学ぶ力を習得するために、PBLを導入する。成果はレポート内容または資格試験合格率で評価する。

健康科学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
幅広い教養と自らの専門分野に対する高い科学的知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
多職種間連携の技能を活かし、対象者および他の職種と良好なコミュニケーションを図りながら職務を遂行できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人の多様な生き方を理解し、国際化した社会の一員として適切に対象者への支援ができる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
科学的に評価された結果を、他の職種からの情報と合わせて論理的に思考・解釈し、対象者の問題を解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉・スポーツに関する課題に広く関心をもち、生涯を通じて、主体的・意欲的に学習できる。

看護学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の英語・国語および入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
自分の意思を表現し、周囲の人々と協力して物事を成し遂げる能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人との関わりを大切にし、相互理解に努めようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して探求心をもち、さまざまな視点から物事を考え、自分の意見をまとめる能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
看護に対する強い興味・関心があり、看護を学ぶ高い意欲を有する。

看護学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
基礎的な学習スキルを修得するために基礎教養科目や保健医療福祉教養科目を配置する。看護アセスメント力を修得するために1年次から段階的に専門科目を配置する。看護実践に必要な専門知識を身につけるために4年間を通じたシミュレーション教育を実施する。成果は全修得科目の成績により評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
チームワークの重要性を自覚し、看護の一員としてチーム医療に必要なメンバーシップ・リーダーシップを身につけるために全学で実施する連携教育、シミュレーションを活用した連携教育、グループ学習、看護学演習・実習を配置する。成果は臨地実習の成績により評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
高度な看護実践力を修得するために段階に応じた実習施設においてさまざまな対象者と出会うことのできる科目を配置する。幅広く対象者を支援する力を修得するために異なる生活背景や価値観をもつ対象者を尊重することができるシミュレーション教育を実施する。看護学を在宅医療につながる地域包括ケアの視点で学習するために看護実践論や統合実習を配置する。成果は臨地実習の成果により評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
問題を発見する能力、論理的思考による解決への道筋を見い出す力を修得するために看護研究や卒業研究を配置する。また、個々の対象者の問題を解決する力を修得するために領域別看護学実習を配置する。自ら考え、解決する力を修得するためにアクティブラーニングの手法を取り入れた授業を実施する。成果は卒業研究と臨地実習の成績により評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
世界や地域に貢献できる優れたQOLサポーターになるための心構えを身につけ、多様な職業選択が可能となるよう、看護師、保健師、助産師、養護教諭一種免許取得ができる科目群や国際看護論・災害看護論、専門専攻選択科目群を配置する。成果は卒業生の進路により評価する。

看護学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
看護の対象となる人を理解するための教養を有し、看護に関する必要な専門知識と技術が活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
多職種と良好なコミュニケーションを取りながらメンバーシップ・リーダーシップが発揮できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人の多様な価値観を尊重し、看護職としての倫理観に基づいた責任ある行動ができ、看護の専門知識と技術に基づいて看護を提供することができる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
看護の専門知識と方法論を用いて対象者の問題を解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
知的好奇心をもち、看護の動向や社会の変化について、生涯を通じて主体的・意欲的に学習できる。

社会福祉学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の英語・国語および入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学習力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
相手の話をよく聞き、自分の意思を相手にわかりやすく伝える能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人の多様な生き方や考え方を大切にし、わかりあおうとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
人の生活や社会の動向について、自らの考えを述べる能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
福祉の仕事に関心をもち、将来、社会福祉士として活躍しようとする高い意欲を有する。

社会福祉学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
福祉社会の構築に必要な専門知識と技術を修得し、人を理解するための幅広い教養を身につけるために、教養科目や専門基礎科目を配置する。成果は、国家試験合格率で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
社会福祉専門職として、対象となる個人や集団と良好なコミュニケーションを図り、同僚や保健・医療・福祉の関連職種・機関と連携できる協調性やリーダーシップを身につけるために、保健医療福祉連携科目群や専門専攻科目群を配置する。成果は、保健医療福祉連携科目群および専門専攻科目群の成績により評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人の多様は生き方や個性、対象者の状況などを多角的に理解しようと努力し、人権と人格を尊重することができる素養を修得するために、専門専攻科目群を配置する。成果は、専門専攻科目群および相談援助実習の成績により評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
福祉社会の構築に必要な専門的な知識に根ざした思考と判断をもとに、問題を解釈し解決する力を修得するために、専門基礎科目、専門専攻科目を配置し、ゼミ活動を実施する。成果は、ゼミ論文の成績により評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
福祉社会を構成する諸要素の動向に関心をもち、人間の福祉増進のための課題を捉えようとする意欲を高め、自らが社会的役割を実行することができる素養を身につけるために、専門専攻科目を配置し、ゼミ活動、キャリア教育を実施する。成果は、全修得科目の成績により評価する。

社会福祉学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
人を理解するための幅広い教養をもち、福祉社会の構築に必要な専門知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
社会福祉専門職として、国内外を問わず対象となる個人や集団と良好なコミュニケーションを図り、同僚や保健・医療・福祉の関連職種・機関と連携できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
人の多様性を理解した社会人として人権と人格を尊重して対象者を支援できる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
福祉社会の構築に必要な専門的な知識に根ざした思考と判断をもとに、国や地域において問題解決ができる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
福祉社会を構成する諸要素の動向に関心をもち、人間の福祉増進のための課題を捉えようとする意欲を有し、生涯を通じて主体的・意欲的に学習できる。

医療経営管理学部 アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の英語・国語・数学および入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
他者の話を理解するとともに、自らの意見をわかりやすく伝える能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
常に人に対する思いやりをもつとともに、自ら積極的に行動しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して自分なりの思考に基づいた判断をくだすために多くの事柄を配慮し、まとめる能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
医療・経営・情報の領域に強い関心があり、関連する資格を取得し、将来、その分野で活躍しようとする高い意欲を有する。

医療経営管理学部 カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
専門技術者として必要な技術や人間を理解できる教養を身につけるために医療・経営・情報に関する基礎から応用に至る幅広い内容をもつ専門基礎科目群を配置する。成果は資格試験合格率で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
自己を表現し、実践する能力を身につけるとともに、対象者や他の職種とコミュニケーションをとりながら連携する技術を身につけるためにゼミ形式の自己表現法、自己実現法、キャリア開発などの授業を配置する。成果は専門基礎科目の成績により評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
医療福祉分野、情報分野などで活躍できる知識や技術を修得するために専門専攻科目を配置し、それを各分野で実践するための能力を涵養するために演習科目を配置する。成果は専門専攻の演習科目の成績で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
医療・経営・情報に関する分野で、問題点を発見・分析・解決するための知識や技術を修得するために専門専攻科目を配置する。成果は専門専攻科目の成績で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
医療・経営・情報などの分野で生涯に渡って問題意識と探求心をもち続け、自分自身を向上させるための心構えを身につけるために卒業研究などの専門科目を配置する。成果は卒業研究で評価する。

医療経営管理学部 ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
人を理解するための幅広い教養をもち医療・経営・情報に関する専門的な知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
対象者、同僚、保健・医療・福祉の関連職種と良好なコミュニケーションおよび連携をとることができる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
社会人の一員としての礼節をわきまえ、専門的な職業人としての使命感や責任感を有し、対象者の尊厳を尊重し、適切に行動できる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
職場や地域社会で医療情報管理分野の専門的な知識に根ざした思考と判断により問題解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
国際化・グローバル化する社会の変化や医療情報技術の進歩に関心をもち続け、自らを高めるため、生涯を通じて主体的・意欲的に学習できる。

このページのトップへ