在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

朝妻 亮太

新潟県看護学科3年朝妻 亮太Ryota Asaduma

私は、オープンキャンパスで実習室などの学習環境や生活環境を見学し、本学を選びました。入学後の学びに少し不安がありましたが、授業では先生方が分かりやすい資料を配布し、親切丁寧な指導を行ってくれるため、安心して授業を受けています。高校生の皆さんには、この本学科の素晴らしい学習環境をぜひ見て欲しいです。オープンキャンパスで待ってます!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私は高校2年生の時に自衛隊のような人を守る・助ける仕事に憧れを抱いていました。しかし、見方を変えてみると看護職も人を助ける、命を守る仕事としては同じであることに気づきました。病のある人や健康の維持・増進のために様々な形で関われる看護職に魅力を感じ、志望しました。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

「基礎看護学実習Ⅱ」
二年次の実習では、二週間患者様を受け持ちました。最初はどんな看護を提供できるかを模索しました。しかし、患者様の状態を知り、考えるうちに方向性が見え、しっかりと看護を実施することができました。何より患者様から「ありがとう」と感謝され、自分の行ったことが少しでも役立つことができたのかと思い嬉しかったです。

Q所属学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

基礎看護学実習Ⅱの実習最終日に、患者様から「今日でお別れなんだよね、本当にありがとう、頑張るね」と泣きながら握手されたことが一番印象に残っています。本学に入学し、今まで懸命に看護を勉強してきて本当に良かったと思いました。またそれを機により一層勉学に励んでいます。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』に向けてメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加する皆さんには、この大学の素晴らしい学習環境を見て欲しいです。また、看護学科の在学生や先生方と直接話すことで、なかなか聞けない情報を収集することもできると思いますので、どんどん質問をしてみてください!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

これから本学を目指す皆さん、勉強がつらく大変だと思いますが、つらいのは皆同じです。自分の将来のため・夢のためにと思ってぜひ頑張ってください!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ