在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

長谷川 果穂

長野県健康栄養学科2年長谷川 果穂Kaho Hasegawa

本学は医療、福祉、スポーツにおける環境が充実していることが特徴です。他にはないぐらい設備が整っていて、様々な分野の先生方がいて、いつでも相談に乗ってくれます。私は高校で進路を考え、料理を作ることが好きだったため、管理栄養士の養成校を調べました。運動も好きでスポーツとの関わりにも興味があり、スポーツにも力を入れている本学を選びました。


Q所属学科や大学の「ここがスゴイ!(好き/自慢)」を具体的に教えてください。

私の周りの人はみんな素晴らしいです。スポーツ選手に栄養相談を行っていたり、食事提供していたりと様々です。私は大学生のうちにしかできないことをしたいと思い、大学生活を送っています。でも不安で一歩を踏み出せない時があります。こんな時、勇気のある素晴らしい友人がいることを思い出し、励まされています。

Q将来の夢や目標を教えてください。

私の目標の姿は周りの人を引っ張っていける人物になることです。そんな生き方ができたらかっこいいなと思ったからです。そのために今は可能性を広げるためにも色んなことに積極的に参加するようにしています。情報を得るためにも先生や先輩たちなど、多くの人と関わりを持つようにしています。私自身が今、周りに影響を受けているように私も影響を与えることのできる人物になりたいです。

Q学生食堂やランチタイムの過ごし方などを紹介してください。

私は栄養サポート部というクラブサークルに所属しています。ここでは本学にある食堂の1つであるMOMOCafeとコラボしてメニューを考えています。そして実際に売り出しています!!学食で自分が作成したメニューを実際に見たり、実際食べたりすることが楽しみです。

Q新潟医療福祉大学を「一文字」or「一言」で表すとなんですか?その理由も教えてください。

「多種多様」
看護、医療、リハビリ、栄養、スポーツ、福祉のすべてがそろう総合大学。6学部13学科という多種多様な大学。2年次の連携基礎ゼミや4年次の連携総合ゼミでは、他学科と連携して学ぶのがその理由です。

Qご自身が受験した入試区分について、受験のアドバイスや心構えなど、受験生にメッセージをお願いします。

入試区分:センター試験利用入試
受験勉強は何をすると聞かれることが多いが、基本的には全部をひたすらに何回も繰り返し勉強していました。とにかく過去問題集を取り寄せて、何回もひたすらにやったのを覚えています。同じ問題は出ないですが、過去問をやっておくことで全然結果が違うと思いますよ!

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

ご飯が何よりも美味しいと思いました。県外の友人と遊びに出かけてご飯を食べたら美味しかったことを覚えています。私の出身は長野で海がないので海の幸にも興奮しました。さらに言うと大学が海が近いのもびっくりしました。海ではしゃいだことを覚えています(笑)

Q新潟県や大学周辺のお気に入りの「遊びスポット」「おしゃれスポット」「買い物スポット」などを紹介してください。

私は古着が好きなので新潟市の中央区にある古町という街に洋服を見によく出かけます。また、そのあたりはオシャレなお店が多いので散歩して気になったお店に入ったりして楽しんでいます。

Q一人暮らしをしてみた感想を教えてください。

一人暮らしはとても自立するのに有効的だと思います。私は一人暮らしをするようになってご飯や洗濯のなどのすべてをするようになりました。実家でも少しは手伝いしていましたが、全部をするようになったのはこれがきっかけです。また、仕送りはなしで光熱費や食事代は自分持ちなのでアルバイトをしながら、勉強もしながら高校に比べて自力で生活しています。その分、親もあまり干渉してこないので自由に生活しています。

Qお住まいを決めた理由やお気に入りの部分・アピールポイントを紹介してください。

料理が好きなのでダイニングキッチンのある部屋にしました。また、お部屋のコーディネートが好きなのでキレイ目なところにしました。あと、学校でネットを使うことが多く、パソコンが必需品なのでインターネットがついてくるところにしました。あと、音を気にするので2階にしました。

Q部活動やクラブサークル活動のやりがいや活動で身についたこと、勉強との両立など具体的に紹介してください。

サークルにはアルビレックスプロジェクトに所属しており、スタジアムに行って応援したり、休日には県外遠征をして観光もかねて応援に行きます。他学科との人とも交流があるのでとても楽しいです。また、栄養サポート部ではスポーツ選手への食事提供や学食のコラボ、インスタでのレシピ紹介を行っており、将来に役立つような活動を楽しく行っています。どちらも楽しく活動し、学業との両立ができ、充実した学生生活を送れています。

Qアルバイトの職種、回数(週)、アルバイト代の使い道、アルバイト経験で身についたこと、勉強との両立など具体的に紹介してください。

アルバイトは先輩の紹介で選んだ飲食店で週4で働いています。半分は生活費に消えますが、もう半分は娯楽に使っています。勉強との両立はできていると思います。私は少し忙しいくらいじゃないとだらけてしまい、勉強をしなくなってしまうのでちょうどよくやっています。また、飲食店とは、「食」という観点で学科での学びと少し共通点があるので良い勉強になっています。授業で習ったことが実際の飲食店の現場で見ることもあるんですよ!他にも人間関係や社会のマナーなども学ぶことができ、将来役立つなと思っています。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ