在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

平間 達朗

山形県社会福祉学科3年平間 達朗Tatsuro Hirama

本学科の自慢は素晴らしい先生が集まっていることです!講義では、基礎知識から国家試験対策まで分かりやすく教えてくれますし、先生方との距離が近いのでいつも親身になって考えてくれます。また、大学の近くには海があり、自然豊かなところにキャンパスがあります。新潟県外から入学した私にとって勉学面でも生活面でもベストな環境です。入学して本当に良かったです!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

高校生の時に福祉施設の近くでアルバイトをしていて、買い物に施設の利用者が来てくれていました。そこで、高齢の方や、障害を抱えた方と関わっていくうちに、自分はこのような方々と関われる仕事がしたいと思い始めました。そこから、自分で職業を調べてみると、社会福祉士や介護福祉士という職業と出会い、具体的に目指したい職業を決めました。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

「介護実習IC」
学内の講義では、仕事のやりがいを言葉でしか学べていませんでした。しかし、実際の介護現場で12日間の実習を通して、本当のやりがいを感じることができました。特に、実際の利用者様と関わる中で、自分の支援で利用者様が喜んだり楽しんだりしてくれることに大きなやりがいを感じました。

Q特に印象に残っている学科の施設・設備を紹介してください。

「介護実習室」
この実習室では、介護施設でしか行えない技術を校内で行うことができます。グループワークもたくさんあり、自分にない感覚や知識を仲間と共に学ぶことができます。学内で専門的な知識や技術を学び、介護について考えることができる場所です。

Q将来の夢や目標について教えてください。

私は社会福祉士の資格を取り、障がい者施設で働きたいと考えています。また、バリアフリーを増やす活動をしていきたいと考えています。バリやフリーを増やすことで、障害者や高齢者の役に立てればと考えています。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ