在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

石井 貴章

埼玉県健康スポーツ学科3年石井 貴章Takaaki Ishii

私は、大学を選ぶ際に自身の目標である保健体育教師の免許を取れることと、小さいころから続けている水泳を良い環境で行えることを軸として考えていました。そこで高校の部活動の顧問の先生に話をしたところ新潟医療福祉大学の水泳部監督である下山先生とお話しする機会をいただきました。その際に教員免許取得と高いレベルの水泳環境の両面から見て自分にとってとても魅力的で、自分の目標を達成するための最高の環境が整っていると思ったので、本学に進学しました。


Q所属学科や大学の「ここがスゴイ!(好き/自慢)」を具体的に教えてください。

部活動の成績がすごいと思います。自身も所属している水泳部にはインカレで優勝した先輩や、卒業後も競技を続け、日本代表に選ばれた先輩、日本のトップで活躍する同期、後輩などが多くいて、同じ競技者として尊敬、自慢できる選手が大勢います。

Q将来の夢や目標を教えてください。

自分の目標は、高校の保健体育教師になり、水泳部の顧問をすることです。昔からの夢である教師という仕事をしながら、今の自分を作ってくれた水泳に貢献したいと思い、この目標を立てました。教師として生徒の人間性と競技力を両方高め、人として周りから尊敬されるような生徒を育てたいです。

Q学生食堂やランチタイムの過ごし方などを紹介してください。

お昼は毎日友人とふれあい食堂で食べています。ご飯は自分で炊いて持って行き、日替わりの大皿を購入し食べています。一番のお気に入りメニューはチキンたれカツで甘辛いたれにくぐらせたカツはとてもご飯も進み美味しいです。

Q新潟医療福祉大学を「一文字」or「一言」で表すとなんですか?その理由も教えてください。

「文武両道」
本学は部活動がとても盛んです。多くの部活動が強化指定されており、全国で活躍する選手なども多くいます。また、各分野の専門家である先生も数多くいて、知りたいことなどを聞きに行くと快く教えてくださいます。多くの資格取得もでき、大学卒業後の進路の幅がとても増えます。

Qご自身が受験した入試区分について、受験のアドバイスや心構えなど、受験生にメッセージをお願いします。

入試区分:スポーツ推薦入試
なぜこの大学を選んだのか、この大学でどうなりたいのかを明確に決めていることが重要です。また、面接は誰しもが緊張し、もともと考えておいたことを答えられないこともあるかもしれません。少しでも、面接官の先生の質問に答えられるように、受験の前には、しっかりと面接練習をしておくことも大切です。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

大学の近くに海があり、歩いても行けるので空きコマなどの時間を使って行くことができます。海が好きな人には最高の環境であると思います。他には、とにかくご飯が美味しいです。全国でも魚沼産コシヒカリと言ったら有名でしょう。他にも、魚なども美味しいです。

Q新潟県や大学周辺のお気に入りの「遊びスポット」「おしゃれスポット」「買い物スポット」などを紹介してください。

休みの日には、電車に乗り、万代に行ったりします。大体何でもそろっているので買い物するのには最適です。また、少し行ったところには大型ショッピングモールもあります。新潟には、美味しいラーメン屋がたくさんあるのでラーメン巡りもとても良いと思います。

Q一人暮らしをしてみた感想を教えてください。

親のありがたみを特に感じます。一人暮らしでは家事は全部自分でしないといけません。ですので、自分で何でもできるようになります。実際にしてみて、人生でもこの経験は絶対に必要であると感じています。

Qお住まいを決めた理由やお気に入りの部分・アピールポイントを紹介してください。

私は、豊栄駅周辺に住んでいます。自分は、安さ重視でアパートを決めましたが駅から近いところにありとても便利です。また、豊栄駅周辺にはスーパーやコンビニなども多くあり買い物には困りません。

Q部活動やクラブサークル活動のやりがいや活動で身についたこと、勉強との両立など具体的に紹介してください。

私は、水泳部に所属しています。競泳は個人競技ですが、大学競泳は、チームで戦うという意識が大きく、年に1回のインカレの盛り上がりは会場が揺れるように感じるほどです。大学に入り、継続することの大切さを感じることが多いです。やるべきことをきちんと継続して行うことでおのずと結果はついてくるということを実感しています。部活動は忙しいですが、その分充実した毎日を過ごせています。勉強との両立ですが、自分は主に空きコマを利用して教員採用試験の勉強しています。多くの先生が協力をしてくださるのでしっかりと両立できていると思います。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ