在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

岸 千晶

山形県救急救命学科2年岸 千晶Chiaki Kishi

私は、東日本大震災などの様々な災害を通して命の尊さを強く感じるようになりました。そんな中、救急救命士が災害現場の最前線で傷病者と向き合い、適切な処置を行うことで多くの命を救っていることを知り、救急救命士になりたいと思いました。本学では知識・技術はもちろん、医療専門職としての姿勢や態度を身につけ、多くの命を救える救急救命士を目指します。


Q実際に入学して良かったと実感することについて教えてください!

救急救命学科は2017年4月に開設したばかりであり、入学して出会うことは初めてなことだらけです。戸惑うこともありますが、熱心な先生方や素晴らし仲間に恵まれ、これからの大学生活をとても楽しみにしています。

Q将来の夢や目標について教えてください!

将来、救急救命士になるために救命の基礎知識や技術・体力・精神力を身につけ、命を救う最前線で活躍できるようになりたいです。また、学んだことを活かしてどんな状況においても冷静に判断し、適切に処置を行い、最後まで諦めずに行動したいです。救急救命士として「命」を助けるのはもちろんですが、女性の救急救命士にしかできないことに積極的に取り組み、全ての傷病者への目配り、気配り、心配りを忘れず、一人でも多くの命を救うことで地域社会に貢献していきたいです。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさを教えてください!

オープンキャンパスでは、大学や学科の雰囲気を見ることも大切ですが先輩方のキャンパスライフを直接見れる絶好のチャンスなので話を聞いたりすることがオススメです。また、他県からの参加者と仲良くなると、次回のオープンキャンパスに一緒に参加することもできますし、お互い励まし合いながら受験を乗り切ることもできます!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージを!

本学の先生方は親身になって話を聞いてくれ、とても優しいです。本学科は、最新の資器材が備えてあり日本一の最先端の知識技術が学べるところが魅力です。ぜひ一度、足を運んで見に来てください!

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページのトップへ