在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

前田 魁人

新潟県健康スポーツ学科4年前田 魁人Kaito Maeda

私の将来の夢は、小学校教諭になり、子どもたちに運動を好きになって もらうことです。本学科では、玉川大学通信教育部との併修により、小学校教諭二種免許の取得を目指すことができます。また、子どもたちへのスポーツ教室や近隣の小学校での授業補助などに参加する課外活動が多くあり、子どもたちとの交流を通して小学校教諭に必要な知識やスキルを実践的に学ぶことができます!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

昔から子どもが好きで、子どもの成長に直接携わりたいという思いから教員を目指し始めました。心身ともに大きく成長する子どもと一緒に笑い、喜び、泣き、悩みながら、共に心を燃やしていきたいと思っています。日々、子どもの目線に立ち、小さな成長でも一緒に喜んであげられるような教師になれるよう、今、この時を大切に大学生活を過ごしていきたいです。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

「教職教養演習」
教職教養演習では、学生自らが教職教養の問題を作成します。それによって、教員採用試験に向けた対策になることはもちろん、現場に出た時に、実際にテストなどを作問する能力が身につきます。

Q所属学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

私がこの大学・学科で印象に残っていることは、先生方の学生に対する温かさです。特に最近では、教職の先生方と関わらせていただく機会が多いのですが、授業だけでなく昼休みや放課後などでも私たち学生の話を親身になって聞いてくださったり、勉強を教えてくださったりと素晴らしい先生方がたくさんいます。いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

「陸上競技部」
私は、陸上競技部に所属し、長距離を専門として競技を続けています。個人スポーツと言われがちな陸上競技ですが、日々、仲間と共に切磋琢磨し合わなければ強くなることはできないスポーツだと思います。信頼できる仲間がいるからこそ成長できると思います。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

「将来、どんな姿になりたいのか。」 大学というのは、その将来を実現するために自分を磨く大切な場所です。将来への期待、また、不安など様々あるかと思いますが、新潟医療福祉大学には、より良い人生を切り拓けるだけの大学生活が待っています。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ