在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

皆川 綾乃

新潟県看護学科3年皆川 綾乃Ayano Minagawa

本学科の「メディカルシミュレーション教育センター」には、バイタルサインを再現できる高性能シミュレータ(模擬患者ロボット)が設置されています。様々な症状を再現し、その対処法を学ぶことで、その後の学外実習に活かせます。学生が対処する様子を録画して、振り返り学習を行うので、自分の課題を見つけ、看護技術の改善と向上を目指せると実感しています!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私は中学生の頃から医療に興味があり、医療現場で人の役に立つ仕事がしたいと考えるようになりました。看護師のほかにも医療現場で活躍できる職業はたくさんありますが、高校生の時に参加した看護師体験で、どの医療スタッフよりも患者様と接することができ、病状回復に貢献できるやりがいのある仕事だと感じ、看護師を目指しました。

Q入学して良かったと感じることについて教えてください。

本学に入学して良かったと感じることは、充実した施設があることです。特に看護学科では、実際の病院を想定した実習室が複数あります。授業で使用することはもちろんですが、授業で使用していない時間に自由に技術練習で使用することができます。学外実習前や技術テスト前に友達同士で技術の確認を行い、看護技術の習得ができます。

Qおすすめの科目について教えてください。

「成人急性期看護学実習Ⅰ」
この科目は、病院での手術前後の看護を学びます。安全に手術を行うために、どのくらいのレベルの技術が必要なのかを理解できました。また、患者様がより早く回復できることを考えながらケアをしていく重要性を知るきっかけにもなりました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

患者様が必要だと思った時に、そばにいることのできる看護師になりたいです。対象の方を理解しようとする姿勢を忘れず、不安や悩みに共感し少しでも軽減できるよう、寄り添う気持ちを常に持ち続けたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加することで、大学生活を具体的にイメージすることができると思います。また、在学生や先生と実際に話すことで大学生活についての悩みや不安を解決することができると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ