在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

宮腰 兼史朗

富山県救急救命学科2年宮腰 兼史朗Kenshiro Miyakoshi

私が本学を選んだ理由は、2つあります。1つ目は設備の充実です。救急現場での様々な状況に対応するため、学内にある仮設住宅で実践力を高めることができると思ったからです。2つ目は救急救命士の資格取得だけでなく防災士の資格取得も目指せるところです。近年、東日本大震災などの地震で多くの命が奪われています。そのような時に防災士がいることで減災を呼びかけ実践できますので、防災士としても頑張り、幅広く活動したいと思います。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

高校2年生の時に私の母が亡くなったことです。その時に何もできなかった分、特定行為ができるため多くの命を救える救急救命士の資格取得を目指せる救急救命学科を選びました。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと?その理由は?

「No.1」
全国一の先生方と実践力を高める施設環境が整っていると思うからです。

Q新潟県や大学周辺のお気に入り遊びスポット、いきつけスポット、おしゃれスポット、買い物スポットを教えてください。

“one day”という古着屋です。様々なブランドの物が売っていて商品が見やすいところです。また、店員もいい人たちなので気軽に行けますよ!

Q職種、回数(週)、アルバイト代の使い道、アルバイト経験で身についたこと、勉強との両立等について教えてください。

居酒屋で週に3回アルバイトをしています。アルバイト代は、食費や生活必需品に充てています。
色々な世代の方とお話しする機会が増え、コミュニケーションの幅が広がったと実感しています。

Q新潟県外からの受験を考えている受験生の皆さんに、自分が受験した入試区分について言及し、受験のアドバイスや、心構えなど実体験を交えてメッセージをお願いします。

入試当日はとても緊張しますが、緊張ことは自然なことで極端に緊張を押さえない方が、かえって落ち着くと思います。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!(好き/自慢)」について具体的に教えてください!

救急医療、災害医療の現場で活躍した先生方が多く、救急現場で活躍できる実践的なスキルを身につけることができます。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ