在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

村上 清楓

山形県看護学科4年村上 清楓Sayaka Murakami

「小児看護学実習」
本学科では、1年次から学外実習を行うカリキュラムが組まれていて、4年間を通してすべての看護学領域で高い実践力を磨くことができます。3年次の「成人看護学実習」は、講義だけでは学ぶことのできない患者様の想いやご家族へのケアの方法などを、実際の臨床現場で学ぶことができ、看護師としてのやりがいをあらためて実感することができました。将来は、実習で学んだことを活かし、地元山形の病院で多くの患者様の想いに応えられる看護師を目指します!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけはなんですか?

将来は、人と関わる仕事がしたいと思い、何となく看護師の職業について調べていると、人の命を助ける・心に寄り添う仕事であることに強く魅力を感じ、看護師になりたいと思いました。また、中学生の時の保健講話で、助産師の話を聞く機会があり、生命の誕生に携わる事ができるという点に魅力を感じ、母親と赤ちゃんの看護を行うことが、私の看護師のイメージとは全く違い、助産の分野にも興味を持ちました。

Qサークル活動について教えてください!

「ダンスサークルRIZE」
1年次からダンスサークルである「RIZE」に所属し、大学祭などで行う発表に向けて空いた時間を利用し、練習を行っています。様々な学科の学生がサークルに所属しているため、他学科の学生との交流が多いことは魅力の一つです。大学生活の一部として、私の中では非常に大切な活動であり、自分の居場所の一つです!

Qオープンキャンパスの見るべきポイントはなんですか?

オープンキャンパスに参加することによって、実際に学校の様子を見ることができるので、入学後のイメージを持つことができると思います。実習室を見学したり、ナース服を着てみたり、楽しみながら色々なことを体験して、色々な学科を見て回ることで、将来のイメージを膨らませ、明確な目標・目的が見つけられると大学に入学することがとても楽しみになります。受験勉強をする力にもなると思うのでぜひ参加してみてください。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージを!

大学に入学すると、授業や実習など大変なこともありますが、楽しいこともたくさんあります。実習先での出会いは、将来にも繋がるかけがえのないものになりますし、実習を通して自分自身が見えてくることもあります。日常生活の面でも一人暮らしが始まったり様々な変化がありますが、あらためて家族の大切さに気づいたり親に素直に感謝できるようになったりと、気持ちの面でも変わることがたくさんあると思います。本学での学生生活は充実していると言い切れるので、ぜひ頑張って受験を突破してほしいです。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページのトップへ
閉じる 11.11sun オープンキャンパス 11.11sun オープンキャンパス
閉じる 推薦入試 お役立ち情報はこちら 推薦入試 お役立ち情報はこちら
閉じる 特別推薦入試って知ってる? 特別推薦入試って知ってる?