在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

布川 輝峰

栃木県健康栄養学科3年布川 輝峰Kiho Nunokawa

私が特に印象に残っている授業は、「臨床栄養学実習」です。この科目は、臨床栄養学の知識を活用し、調理を通した栄養療法を学ぶもので、症例をもとに患者様に合わせた献立を作成し、実際に調理を行いました。これにより、患者様それぞれに必要な栄養素を不足させることなく、且つ美味しい食事を提供するための知識や技術を身につけることができました。


Q学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

本学大学祭の「伍桃祭」で、健康栄養学科による飲食店の出店を企画したことが印象に残っています。出店では、数百食の商品を売り出そうと考えていたので、数か月前から準備をはじめていました。大学祭の一週間前になると食材や包装の発注などで大忙しでした。頑張ったかいもあって、大学祭後は、学科内の雰囲気が良くなったと感じています!

Q特に印象に残っている学科の施設・設備を教えてください。

「給食実習室」
「給食実習室」は、給食経営管理実習で使用しました。この実習では、100人という大人数を対象にした調理を行うもので、実際に病院や施設などで行われている調理法や衛生管理法を学ぶことができます。実習室は、実際の病院や施設で使われているような器具や機械が揃っていて、より実践的な実習ができる設備でした。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

健康栄養学科は、同学年の学生はもちろん、先輩後輩、先生方との仲がとても良い学科です。困ったことや相談事がある時はいつも笑顔で迎え入れてくれます。とても居心地のいい学科なので、これからこの学科を目指す皆さんも受験勉強を頑張って、楽しい学生生活を私たちと一緒に送りましょう。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ