在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

小黒 達也

新潟県社会福祉学科3年小黒 達也Tatsuya Oguro

私が履修する介護福祉コースは、少人数で授業が行われるため、学生同士の絆が深まり、疑問があればその場で先生に尋ねることができます。また、介護実習や相談援助実習といった実習が1年次から多く設けられており、講義で学んだことをすぐに実践できます。現場の中でしか学べないことも多く、将来に繋がる実践的な学びができていると実感しています!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

福祉分野を希望した理由は、これまでの人生で高齢者の方と関わることが多かったからです。高齢者の方と一緒に季節の行事を行うなかで、高齢者の方と関わることの楽しさを感じました。また、高齢者の方からは、様々なことを学ぶことができました。この経験を通して、今後も高齢者の方と関わりを持つことのできる、社会福祉士や介護福祉士を目指したいと思い、本学科に進学しました。

Qおすすめの科目について教えてください。

「社会福祉専門ゼミⅠ・Ⅱ」
この科目では、学生個人が学びたい分野についての研究や学外でのボランティア活動などを行います。授業は少人数で行われるため、ゼミ担当教員や学生同士で相談し合う時間が多く、コミュニケーションの取りやすい環境が整っています。

Q特に印象に残っている学科の施設・設備を教えてください

「介護実習室」
ベッドや車椅子のほか、一般の家庭仕様や介護施設仕様の入浴設備を備えています。介護する側とされる側に分かれてして介護実習を行うことができるため、介護を行う側だけでなく、利用者がどのような不安を感じているのか知り、どのように介護を行えば良いかを実践的に学ぶことができます。

Q将来の夢や目標について教えてください。

本学での講義や実習を通して学んだことを活かし、利用者に寄り添い利用者の望む暮らしが実現できるように支援していきたいです。また、日々学習していくことを怠らないように努力していきます。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学科は先生方からのサポートがとても充実しています。社会福祉の現場で豊富な経験をお持ちの先生方が、優しく指導してくださり、何でも相談できる環境があります。そのため、毎日安心して学生生活を送ることができています。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ