在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

大須賀 歩

福島県視機能科学科1年大須賀 歩Ayumi Osuka

本学科を選んだ理由は、保育園や高齢者福祉施設などでの実習が多く設けられており、すべての世代の対象者への検査やコミュニケーションについて実践的に学べるからです。また、連携教育を通じて“チーム医療”を学ぶことで、多職種の理解を深められるのも魅力でした。入学してからは、先生方や先輩方が分からないことを丁寧に教えてくださり、さらに学科の魅力を感じています!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校時代に24時間テレビを見ていたら、徐々に視界にもやがかかり最後は失明してしまう病気の女性が出ていました。その女性は子どもが生まれてから病気を発症し、子どもの成長を見ることができず、今は子どもの顔すらはっきりと見ることは難しいほど進行していました。そこから眼に興味を持ち、色々と調べていくうちに視能訓練士という職業があるということを知りました。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

「学友会」
学友会はオープンキャンパスの手伝いや学園祭の運営などを行います。どうやったらスムーズに進められるか、どうやったらたくさんの方が来てくれ楽しんでくださるのかを考えることは身についてきたと感じます。楽しさややりがいは、アンケートで学内を丁寧に案内してくれたや挨拶が良かったなど褒められた時や、来てくださった方が笑顔で帰られた時です。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさ、見るべきポイントを教えてください。

オープンキャンパスは大学の雰囲気を直に体験できる大切な機会だと思います。私はオープンキャンパスに参加して、そこで学んでいる自分をイメージしてモチベーションを上げていました。見るべきポイントは学科ごとに行っている体験プログラムです。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ