在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

小柳 遼太朗

新潟県看護学科1年小柳 遼太朗Ryotaro Oyanagi

本学科を選んだ理由は、施設・設備が充実しているというからです。本学科には、母性、小児、成人の高性能シミュレータ(模擬患者ロボット)があります。これらは血圧や脈などの生体反応を示すだけでなく、病状を設定しコントロールすることができます。このような設備により実際の臨床現場を再現して、繰り返し看護技術を磨けるのが本学科の魅力です。


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校生の時に、授業で医療に関する新聞記事や本を読み、医療職の仕事に興味を持ったことがきっかけです。その後調べていくうちに、医療職の中で患者様に最も近い立場でケアを行う看護師が、重要な役割を持っていることに魅力を感じました。看護師への関心はさらに深まっていき、高校三年生の時に看護師になることを決めました。

Qおすすめの科目について教えてください。

「基礎看護学演習Ⅰ」
基礎看護学演習Ⅰは学生同士で患者役、看護師役になって、身体を拭いたり、髪を洗ったりする実践的な学習です。先生方に指導を受けながら技術を実施することはとても緊張感がありますが、ケアを実践することのできる魅力の科目です。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学はオープンキャンパスで面接試験やグループディスカッション、小論文などの対策講座を実施しています。こういった講座に参加して苦手や不安を少しでも克服しましょう。入学後にお会いできることを楽しみにしています。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ