在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

酒井 碧里

新潟県診療放射線学科1年酒井 碧里Midori Sakai

自分が怪我をした際に、レントゲン写真を撮ってもらったことで診療放射線技師という職業を知りました。外からは見えない身体の中を写し出せることに興味をもったのがきっかけです。実際に診療放射線技師の方からお話を聞き、医療現場において病気の早期発見や治療に貢献できる重要な役割を担っていること、患者様ともコミュニケーションを取れることに魅力を感じました。


Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

大学全体で、国家試験合格率や就職率が高く、学生支援も豊富な点に惹かれました。また、現在重要視されているチーム医療について実践的に学べる点も魅力を感じました。他学科の学生と連携しお互いの専門知識を持ち合わせることで、他職に対する理解や視野が広がり、将来に活かせるのではと考えています。同じ夢に向かって切磋琢磨し合える仲間に出会えてあらためて本学に入学して良かったと思っています。

Q将来の夢や目標について教えてください。

どんな状況でも臨機応変に対応できる対応力と知識、コミュニケーション力を習得し、最適な画像を医師に提供できる診療放射線技師になりたいです。また、女性の診療放射線技師として患者様に安心感を与えられるような放射線技師になりたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

私自身、オープンキャンパスに参加してこの大学に入りたいと思いました。体験ブースがあったり、在学生の先輩からお話を聞けたり、質問もできるので、将来について考える良い機会となりました。新しい目標ややるべき事が明確になると思います。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ