在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

澁谷 優太

新潟県医療情報管理学科3年澁谷 優太Yuta Shibuya

私が本学科を選んだ理由は、ビジネス分野をベースに、「医療」や「IT」についても学ぶことができ、また、バーチャルホスピタルなどの実習施設がとても充実しているからです。入学して2年が経ちましたが、学年進行に応じて段階的に資格取得を目指すことができ、授業以外の時間でも先生方が親身になってサポートしてくれるなど、あらためて本学科の魅力が深まりました。


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

医療分野で人工知能の導入が進んでいるという番組を見たことで、医療情報という分野に興味が湧きました。その後、医療情報分野について調べているにつれ、医療現場で役立つシステムを作りたい、それにより現場の環境をより良くしたい、と思うようになりました。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

「プログラミング演習」
プログラミング演習は、実習を通してプログラムの知識、技術を身につけていく授業です。実習では、プログラム言語を用いて簡単なゲームを作成します。最初はエラーがたくさん出てしまいましたが、狙ったものがちゃんと出力された時はとても気持ちが良く、楽しみながら授業を受けています。

Q将来の夢や目標について教えてください。

大学生活の中で、社会に出る上で必要な知識、技術、コミュニケーション能力をしっかりと身につけ、将来は医療現場をより良くするためのシステム開発や人口知能の導入に携わりたいと考えています。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスの一番いいところは、先生や先輩と直接話すことができるところだと思います。実際に教員や学生に話を聞くのが一番だと思うので、オープンキャンパスに参加して、気になる学科で積極的に話しかけてみてください!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ