在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

舎川 真侑

富山県理学療法学科2年舎川 真侑Mayu Shagawa

スポーツリハビリについて実践的に学ぶことができ、自分のしたい研究ができる環境があると思い本学への入学を決めました。本学はスポーツリハビリを専門とする先生方が他の大学と比較して多く、設備も整っているところが魅力です。また、実習はグループに分かれて少人数で行うことや学生の学習意欲が高いことから充実した学習ができています。卒業後は、アメリカに留学しATCというアスレテックトレーナーの資格を取得して、スポーツ選手のサポートに携わることを目標としています。怪我によって選手が夢を失わないように予防や治療を通して支えることができるようになりたいです。


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私はバレーボールの練習中に膝の靭帯を断裂し、競技復帰を目指しリハビリを頑張って行いましたが、復帰後すぐに反対の靭帯も断裂する経験をしました。悔しさとともにこの怪我のメカニズム、予防方法が知りたいと思い、理学療法士を目指すことにしました。スポーツが好きなこと、医療に関わりたいと思っていたことから、理学療法士は私がやりたいことにぴったりの仕事だと思いました。

Qおすすめの科目について教えてください。

「理学療法士基礎評価学Ⅱ」
この授業では片麻痺機能検査や運動失調の検査、歩行分析、血圧測定などを学びます。患者様を評価する項目が増え、疾患について理解を深めることができます。理学療法士役と患者役に分かれ、臨床現場を想定して練習しています。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

「海外研修」
理学療法の知識や英語の向上はもちろん、外国の文化に触れ現地の人と接することで異文化を肌で感じることができました。また、海外研修への参加を通して勉強への意欲がより高まりました。少しでも興味があれば、ぜひ参加することをおすすめします!

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加する1番のメリットは、在学生と話ができることだと思います。勉強や大学生活の気になることを何でも聞いてください。体験プログラムも楽しいものを用意してますのでぜひ参加してください。

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ