在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

髙橋 真亜弥

新潟県診療放射線学科2年髙橋 真亜弥Maaya Takahashi

私が本学科を選んだ理由は、他の専門職との連携について学びながら診療放射線技師を目指せるからです。「救急チーム医療論」という科目では、医療系総合大学の利点を活かし、救急救命学科や看護学科とともに学ぶことで救急患者に対して“チーム”でどのようにアプローチするかを学びます。将来、病院という“チーム”の中での活躍を見据えて学べるのがとても魅力的です!


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私が診療放射線技師を目指そうと思ったきっかけは、2011年に起こった東日本大震災です。この震災から、放射線は人体にとって悪影響を及ぼすものだという誤った認識を持たれてしまいました。しかし、現在の医療において放射線は、病気の早期発見・治療には必要不可欠なものです。そこで私は、放射線の必要性を理解してもらうとともに、患者さんの不安を少しでも取り除くことが出来る診療放射線技師になりたいと思いました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

私がこの大学を選んだ理由は、実家が近いこともそうですが、何より医療系の総合大学であるということが一番の決め手でした。医療系総合大学の特徴を活かし、救急救命学科や看護学科と連携した「救急チーム医療論」では、実際に卒業後のことも見据えたことを学ぶことが出来ます。このカリキュラムを学ぶことで、救急の際にも動じることなく技師としての役割を果たすことが出来ると思い、この大学を志望しました。

Qおすすめの学科を教えてください①

「生理学」
この科目は一年前期の必修科目です。おおまかにいうと、高校で習った生物をさらに深く学ぶことが出来ます。高校時代に文系や物理選択だった人には大変ですが、この科目を通して、人体の構成や臓器についてより理解することが出来ます。

Qおすすめの学科を教えてください②

「電気電子工学」
この科目も一年前期の必修科目です。科目内容としては、物理学の電気の基礎や電子回路などを学習します。この科目を履修した後、後期に電気電子工学実験が必修科目としてあります。座学が出来ていないと、実験で足を引っ張ることになります。

Q将来の夢や目標について教えてください。

患者さんの気持ちを第一に考え、より良い医療を行えるようにし、病院や医療施設を訪れた人が健康な状態で元の生活に戻れるように医療を提供していきたいです。また、放射線についての誤った認識を、正しく丁寧に患者さんに伝えていきたいです。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

「和太鼓部」
私は、新潟医療福祉大学和太鼓部「彩龍会」に所属しています。活動は週一ですが、普段関わることがない他学科の学生や先輩方と交流できる場であるので、コミュニケーション能力の向上の良いきっかけになっています。

Q本学のオープンキャンパスにこれから参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

本学は6学部13学科という幅広い選択肢がある大学です。まだどの学科にしようか迷っている人も気軽に参加して、様々な学科を体験してみるのもいいと思います。また、部活動によっては、ダンスや和太鼓などを披露しているので、それを見るのもおすすめです。

Qこれから本学を目指す高校生にメッセージをお願いします。

私も本学を志望したのは高3の6月くらいでした。いつ決めたのではなく、本学を目指す思いがどれだけ強いかが大切だと思います。本学でチーム医療を学ぶことで、実際の臨床現場でも必ず役に立ちます。医療の専門職に就きたい人はぜひ本学で一緒に学びましょう!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ