在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

田中 千尋

群馬県救急救命学科3年田中 千尋Chihiro Tanaka

私には救急搬送された経験があります。その時の救急救命士の姿に憧れて、救急救命士になることを決めました。応急処置を行ってくれた方の顔は今でも鮮明に覚えています。救急救命士は、生死と隣り合わせの専門職ですが、その分、人の記憶に残り、感謝される専門職です。医療の最前線で困っている人を助けたい、行動したいと思っている人は、ぜひ目指してみませんか?


Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

私が新潟医療福祉大学を選んだ理由は、専門学校などと比較して4年という長い期間、学ぶことができ、救急救命士という国家資格を取得するだけでなく、就職後、即戦力となるために、より高度な知識とスキルを身につけることができると思ったからです。実習活動では、多くの現場経験を持つ先生方から、一人ひとりに対して、有益なフィードバックを受けることができ、とても満足しています。

Qおすすめの科目を教えてください。

「救急救命処置学」
救急救命処置学では、傷病者に対しての観察の方法や、資器材の使い方など基本的な処置から、より高度な特定行為まで、実習活動と連動して学ぶことができるので、定着しやすいという特徴があります。

Qおすすめの学科の施設を紹介してください。

「救急現場実習室」
実際の住宅の救急現場に近い、キッチンやトイレ、浴室を備えた実習室です。限られた活動スペース内での活動は、かなりの臨場感があります。活動後には、現場経験豊富な先生方から、直接アドバイスをもらえるのも魅力のひとつです。

Q高校生にメッセージをお願いします。

新潟医療福祉大学は、先生方と生徒の距離が非常に近く、大学の勉強以外にも、部活やサークル、アルバイトなどを通して、大きな気づきを得たり、新しい自分を発見したりする余裕もあり、充実した4年間を過ごすことができます。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ