在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

辰岡 洸士郎

茨城県義肢装具自立支援学科3年辰岡 洸士郎Koshiro Tatsuoka

私は小さい頃から足の装具を使用していました。私自身、装具が身近な存在だったことと、ものづくりが好きだったことで、義肢装具士を目指すようになりました。お世話になっていた義肢装具製作会社に本学の卒業生がいたことがきっかけで、本学科への進学を目指すようになりました。入学の決め手は、世界トップクラスの実習施設や、義肢装具士に加え福祉用具関連資格を複数取得できる所です!


Qおすすめの科目について教えてください。

「シーティング学実習」
この科目では、車いすの正しい座位姿勢やクッションが身体に与える影響について学びます。車いすの形状に数ミリの誤差が生じるだけで、頭部や手の動きに影響が出てしまいます。それを自分自身の体験を通してより理解できました。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

本学科では、義肢装具士の資格だけでなく、福祉用具プランナー・福祉住環境コーディネーター・車椅子安全整備士などの資格を取得することができます。卒業後は、本学で取得できる資格を活かし義肢装具以外でも患者様の力になれるような義肢装具士になりたいと思っています。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

「VICON部」
VICON部では、3次元の動作分析装置を用いて動作分析を行います。義肢装具を適合させるには、歩行分析がとても重要になります。本格的な動作分析を学ぶことで、義肢装具の適合に活かすことができると思います。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ