在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

若林 ゆい

福島県作業療法学科1年若林 ゆいYui Wakabayashi

両親が看護師というこもあり、幼いころから医療系専門職に興味がありました。進路を決定するために病院見学に行った際に、作業療法士が患者さんの社会復帰や日常生活への復帰ができるように仕事、趣味、興味など、一人ひとりに合わせたリハビリを行っている姿に憧れ、作業療法学科に進学しようと決めました。


Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

国家試験合格率・就職率共に高く、連携基礎ゼミなどのチーム医療を重視したカリキュラムが充実しているためです。また、一人ひとりに合わせた学習指導をしてくれる学習支援センターや就職活動のバックアップをしてくれる就職センターなどもあり、学生への支援体制が整っているために進学を決心しました。

Q印象に残っている授業・実習について教えてください。

授業・実習・分野名:「アスリートの世界」
久保倉里美先生のアスリートの世界の授業です。スポーツ選手へのリハビリに興味があったので、この授業を履修しました。実際に陸上選手としてオリンピックの出場経験がある先生なので、選手村での話やドーピング問題などリアルな内容を学ぶことができ,よりスポーツ分野のリハビリに関心を持つことができました。

Q学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

病院での見学実習を行ったことが印象に残っています。実際に作業療法士が患者さんにリハビリテーションを行っている場面を見学し、自助具を使っていたり自動車運転の練習を行っていたりし、日常生活に戻ったときに役立つような作業療法を間近で見ることができました。この実習を通して、改めて作業療法士は患者さんのQOLを上げるための仕事だと感じました。

Qサークル活動について教えてください。

ダンスサークルRIZEに所属し、伍桃祭(大学祭)などのイベントに向けて練習をしています。振り付けを自分たちで考えたり大変なことも多いですが、ダンスを成功させることでの達成感があるだけでなく、同級生や先輩との交友関係が広がったことが良かったです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスは3回参加しました。毎回違うプログラムだったので楽しみながら話を聞くことができました。私はAO入試を受験したため、実際にAO入試を受験した先輩にアドバイスをいただいたり、面接会場が開放してあるブースを下見して、試験本番で緊張しないように対策しました。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページのトップへ
閉じる 入試制度を最大限に利用!!