スマートフォンサイトを見る

地域・産官学連携

地域連携(貢献)活動実績情報

2018年度の主な運営状況・計画

1. とよさか中高年教養大学「健康長寿学」

2017年4月から2018年3月にかけて、月に1回(第4木曜日)、新潟市北区の「葛塚コミュニティセンター」において、年間テーマを「健康長寿をめざして」とし『とよさか中高年教養大学・健康長寿学』を開講しました。この教養大学は、学習のねらいとし「長寿社会の生きがいに、健康の保持に」を掲げ、北区民で構成されている「とよさか中高年教養大学運営委員会」が13科目を開講しているものです。新潟医療福祉大学は、13科目のうちの「健康長寿学」の科目を担当しているもので、受講者は年間で508人でした。

2018年度は次の予定で「健康長寿学」を開講します。

4月

「地域で支える認知症」 
社会福祉学科 吉田 輝美 教授

5月

「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」 
健康スポーツ学科 若杉 透 教授

6月

「ご存知ですか?近眼や老眼、メガネの秘密!」 
視機能科学科 村田 憲章 助教

7月

「認知機能の測り方」 
作業療法学科 間宮 靖幸 助教

8月

「救急への備え」
救急救命学科 長谷川 恵 助教

9月

「福祉用具を活用して健康長寿を目ざそう!」 
義肢装具自立支援学科 郷 貴博 助教

10月

「健康長寿と適塩のすすめ」 
健康栄養学科 鈴木 一恵 准教授

11月

「高齢者の身体機能 -サルコペニアの予防-」 
理学療法学科 森下 慎一郎 准教授

12月

「早期がんの発見のための臨床検査の役割」 
臨床技術学科 渡邊 博昭 准教授

1月

「認知症について」 
言語聴覚学科 内山 信 講師

2月

「エクセルアートで健康長生き」 
医療情報管理学科  寺島 和浩 准教授

3月

「医療情報と自己決定~上手に病院にかかるためには~」 
看護学科 平山 惠美子 教授

このページの先頭へ戻る

閉じる 入試制度を最大限に利用!!