スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康栄養学科

目指す資格

目標とする資格

管理栄養士(国家資格) 主に病院、福祉施設などに勤務し、患者、高齢者、障害者個々に合った栄養・食事管理、食指導を行っています。特に、病院で医師や他医療職と連携が必要なチーム医療を行う際や、介護保険施設で多職種と協働する場合などに、栄養の専門職として高度な知識と技術が求められています。また、保健所(官公署)では、地域の健康づくり計画の策定、健康教育・栄養相談、食環境整備などを行い、さらに、研究機関、大学、企業などで、調査、実験、商品開発を行うなど、食と栄養に関わるあらゆるフィールドで活躍しています。
栄養士 栄養士になるには、指定の養成施設に通い、厚生労働省が指定する単位を履修し、卒業と同時に都道府県知事の免許を受け、栄養士資格を取得することができます。栄養士は栄養学に基づき、理想的な栄養バランスの献立作成やカロリー計算、調理指導、衛生管理などを行います。
栄養教諭一種免許 栄養に関する専門性と教育に関する資質を併せ持つ栄養士が、児童生徒への食に関する指導及び学校給食の管理を行います。栄養教諭の免許状の種類は、専修(修士相当)、一種(学士相当)、二種(準学士相当)の3種類がありますが、一種免許を取得するためには、管理栄養士免許を取得するために必要な科目に加え、栄養に係る教育に関する科目と教職に関する科目を修得することが必要とされています。
フードスペシャリスト
(日本フードスペシャリスト協会認定資格)
食べ物や食生活について、流通・販売者と消費者に的確な情報(品質、安全性、機能性、栄養と健康など)を提供し、またレストランや食堂などで快適な飲食ができるように食空間をコーディネートし、さらに「食」に関する消費者のクレームを処理できる専門職に与えられる資格です。日本フードスペシャリスト協会が認定する養成施設で所定の科目を学び、同協会が実施する試験に合格したものが認定されます。
NR・サプリメントアドバイザー
(日本臨床栄養協会認定資格)
消費者が適切かつ安全に保健機能食品やサプリメントを摂取するために、適切な情報を提供しアドバイスを行えます。日本臨床栄養協会が実施する試験に合格しものが認定されます。

国家試験合格率

イメージ写真

取得可能な学位

学士(健康栄養学)

このページの先頭へ戻る