スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康栄養学科

学外実習

学内での講義・実習を通して培った知識や技術が実践を通じて「ホンモノ」へと磨かれる。
現場での発見と感動が、一人ひとりの実践力・応用力を高めます。

学外実習計画

学外計画表

臨床栄養学実習Ⅲ(臨地)

臨床栄養学実習II写真

傷病者の病態や栄養状態の評価および栄養管理の方法など、病院における管理栄養士の役割を学ぶため、医療機関で実習を行います。また、チーム医療における管理栄養士の役割を理解するとともに、他の医療専門職との連携についても理解を深めます。


公衆栄養学実習Ⅱ(臨地)

公衆栄養学実習II写真

保健所や市町村で勤務する管理栄養士が、地域住民のQOLと健康の向上のために行っている栄養施策や事業を学びます。教育機関、医療機関、企業などと連携し、地域の健康課題・栄養課題を改善するための手法を身につけ、マネジメント力を養います。


給食経営管理実習Ⅲ(臨地)

給食経営管理実習Ⅲ(臨地)写真

教育機関、給食センター、企業などの特定給食施設において、多くの方々に安全で美味しい給食を提供するための管理栄養士の役割を学びます。給食の経営と管理、栄養管理と栄養教育、食材管理、作業管理、衛生・安全管理など、幅広く学んでいきます。


基礎臨地実習(臨地)

基礎臨地実習(臨地)

管理栄養士が勤務する病院および老人保健施設へ見学に行きます。本実習の前に学内で学んだ基礎実践演習の内容を復習しつつ、現場の管理栄養士の業務を自分の目で確かめ、今後の学びに繋げていきます。


介護栄養学実習(臨地)

給食経営管理論実習II写真

嚥下障害や認知症などの高齢者に対する食事提供を通じて、老人福祉施設における管理栄養士の役割を学びます。また、食環境や食事介助など、快適な食事を行うための工夫について理解を深めます。


応用臨地実習(臨地)

応用臨地実習(臨地)

応用的な理論と技術を修得するため、病院、介護福祉施設および事業所などで実習を行います。将来、管理栄養士として活躍するために必要な、専門職者としての自覚と職業倫理を高めていきます。

関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク
新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

関連施設・病院の詳細はこちら

このページの先頭へ戻る