スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康スポーツ学科

在学生メッセージ

加藤 諒香写真 4年生 加藤 諒香 新潟県出身

やりたいことがとことんできる学科
やりたいことが明確にならず迷いながら大学生活を過ごしてきた私にとって、選択科目が多く、その時にやりたいことをできる環境が作れるところが、本学科の魅力だと思います。アメリカやカナダ留学に行ったこともありました。将来につながるインターン実習についても、やりたいことを大学の先生に相談した際、私の考えている事を言語化してくださる先生や、実際にそれができる職場に繋いでいただけたこともあり、改めて本学科に入学して良かったと実感しました。

Q&A

Q目指している専門分野や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校時代、将来のことはあまり考えておらず、やりたいことも見つからないまま進路選択を迫られました。昔からスポーツが好きであったということと、自分はこれから何をやっていきたいのかを知りたかったため、様々な選択ができる本学科を選びました。学科の特色を調べるうちに、アスレティックトレーナーという資格の存在を知り、スポーツ選手を陰から支える存在に魅力を感じ、取得を決意しました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:アスレティックリハビリテーション実習
この科目は、4年間で学んだことの集大成となる授業です。スポーツ選手が実際に負傷した設定で、選手の体を評価し、適切な応急処置を行うほか、怪我からの復帰をサポートするプログラムの立案を行います。アスレティックトレーナーの2次試験の対策も兼ねて行っているため、初めは緊張しますが、慣れてくると自然にプログラムが組めるようになっていきます。

Q将来の夢や目標について教えてください。

私は、4年間自分と向き合い続けた結果、初めてのことや人と会うことが好きであることが分かりました。今後は、年間で100人以上の経営者の方とお話しするコンサルタントの業界で、自分がどこまでできるのかチャレンジしようと考えています。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:アスレティックトレーナー部
アスレティックトレーナーの資格取得を目指す学生やトレーナーの仕事に興味のある学生が、一緒に勉強をしたり交流を深める「アスレティックトレーナー部」に4年間所属していました。毎週各部活動が症例報告を行うなど、意見交換をしたり知識を深めていくこともできます。また、先輩との交流も図れるため、勉強や進路の相談も行うことができます。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

やりたいことが決まっていなくても大丈夫です。これから自分と向き合う環境が本学科にはあります。私は卒業式に、この大学に来てよかったと思えるような人との出会い、経験がありました。皆さんの活躍を願っています。

  MON TUE WED THU FRI
1限          
2限         アスレティック
リハビリテーション論
3限         運動傷害対応論Ⅱ
4限   健康運動指導論      
5限          

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

このページのトップへ