スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

看護学科

目指す資格

目標とする資格

看護師(国家資格) 看護師は「療養上の世話」と「診療の介助」を行うことができます。前者は看護師独自の判断で実施できます。後者は医師の指示を必要とします。看護は人々の健康問題によって生じる身体的、精神的、心理社会的な総合的側面から生活に及ぼす影響をとらえ、必要とする看護援助を判断し実施します。そのため看護師は、健康問題に影響を受けた人々に対応するための判断力と援助する看護力としての実践能力が求められています。
保健師(国家資格)※ 地域の人々が健康的な生活を送れるように、個人・家族・集団に対応する保健行動を支援します。個人・家族のセルフケアを支援し集団検診や健康相談、病気の予防や健康に関する助言・指導や訪問活動などにより、生活に密着した健康指導を行い、疾病予防と健康管理を行います。最近では生活習慣病・育児相談・伝染病・心の健康相談・介護保険関連・高齢者の在宅ケアなど、活動の範囲が大きく広がっています。また、企業等で職員の健康管理を行うなど、産業保健分野での活躍も期待されます。
助産師(国家資格)※ 助産師の主な仕事は出産の介助ですが、他にも妊婦やその家族に対する出産や育児の相談・指導や、思春期や更年期の女性への保健指導等も業務としています。近年では「父性」を含めた家庭保健が重要視されています。少子化・核家族化が進む現代においては、社会の変化に先見性を持って適応し、思春期から中高年まで、幅広く女性の健康な生活を援助できる能力が求められています。
養護教諭一種免許※ 学校でけがや病気の時に手当てするのはもちろんのこと、児童・生徒の心身の健康管理や保健教育を行う重要な役割を持っています。それだけに医療・看護・保健衛生などの幅広い知識と、地域社会にまでおよぶ視野を持つことが必要とされます。

※ 保健師、助産師、養護教諭一種は選択制で、いずれか一つのみ選択可能です。
 【選択可能人数 保健師83名、助産師5名、養護教諭10名】保健師の定員数は3年次編入者を含みます。

国家試験合格率

内定率

取得可能な学位

学士(看護学)

このページの先頭へ戻る