スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

義肢装具自立支援学科

在学生メッセージ

本間 大誠写真 2年生 本間 大誠 新潟県出身

障害者陸上教室に参加して
本学科では毎月、義足を使用している方々を対象とした陸上教室「NUHW ParaTFC」を開催しています。ここではスポーツ義足の構造について、実践的に学べるだけでなく、参加者と会話をすることでコミュニケーション力も向上させることができるため、私も積極的に参加しています。本学科での様々な経験を経て、義肢装具士としての視野を広げていきたいです。

Q&A

Q実際に入学して良かったと実感することや学科の魅力について教えてください。

本学科は、非常に環境に恵まれています。一人ひとりが義肢装具の製作に集中して取り組める製作室や機械室をはじめとする作業環境だけでなく、実際に臨床現場を経験された先生方からご指導いただけるという点でも恵まれていると感じます。また、周囲には同じ目標に向かって勉学に励む仲間がいますから、ともに問題を解決したり、自分では思いつかない様々な意見を聞くことで知識を蓄えることができ、より視野を広げて物事を考えることができます。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:下腿義足学実習
この科目では、下腿義足の利用者様をお招きして、切断箇所の評価・採型から製作、適合までの一連の過程を実践的に学ぶことができます。一人ひとりに合わせた部品選びや、歩行時の義足の角度など、義足についてより細かく学べる授業です。

Q将来の夢や目標について教えてください。

臨床現場では、義足の利用者だけでなく身体にハンディキャップを背負っている方々の声を聞くことが重要になります。そのような方々の意見を尊重し、日常生活や趣味などの可能性を広げる手助けができるような義肢装具士になりたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、入学する前に大学全体や学科の雰囲気を実際に味わうことができます。また、入学試験を受ける前にやるべきことや心構えなど、分からないことは在学生や先生方が親身になって相談に乗ります。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学、本学科を目指そうと思った段階で、誰かの役に立とうとするための第一歩を踏み出していると言えます。自分の気持ちに嘘をつかず、自分自身の描いた将来像に向かって歩を進めることが、夢を叶えるための近道だと思います!

  MON TUE WED THU FRI
1限   下腿義足学 臨床心理学    
2限   下腿義足学実習     人間発達学
3限 整形外科学Ⅱ 連携基礎ゼミ    
4限 人間工学概論 臨床神経学    
5限    

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

このページのトップへ