スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

視機能科学科

在学生メッセージ

南場 凌写真 4年生 南場 凌 新潟県出身

患者様に寄り添える視能訓練士に
学外実習を行った際、多くの患者様が不安な気持ちで眼科に来院していると知り、患者様が安心して検査や訓練を行える環境をつくることも、視能訓練士の大きな役割だと感じました。本学科では、視覚の専門知識・技術が修得できるだけでなく、心理学などの心の分野も学ぶことができます。将来は、患者様に寄り添える視能訓練士として活躍したいと考えています!

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私の知り合いには、中途失明による視覚障害の方がいます。高校生の頃、その方から日常生活の様子や一人で移動を行う際の大変さなど様々なお話を聞かせていただく機会がありました。その方からお話を聞き、少しでも視覚に障害を持つ方のお手伝いができるような仕事に就きたいと思ったことが視能訓練士を目指そうと思ったきっかけでした。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

進学先として本学の視機能科学科を選んだ理由は、本学のオープンキャンパスへ行き、検査機器が充実していることや学生スタッフや先生方の雰囲気の良さを実際に見ることができたからです。実際に入学して良かったと実感することは、4年制のため視覚に関する専門分野を4年間じっくりと学ぶことができることです。また、解剖学や心理学など視覚以外に関する分野も学ぶことができることも魅力の一つです。

Q将来の夢や目標について教えてください。

実際に学外へ出て実習をさせていただいた際、眼科に来院する患者様は不安な気持ちで来院する方が多くおられると感じました。そのため、本学で学んだことを活かし、患者様が安心して検査や訓練を行えるような環境づくりのできる視能訓練士になりたいです。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさ、見るべきポイントを教えてください。

オープンキャンパスでは実際に体験することのできる検査が多いため、眼科へ行かないと体験することのできない検査を体験してみると良いと思います。また、学生スタッフや先生が近くにいると思うので気になることを積極的に質問してみると良いと思います。

Q高校生にメッセージをお願いします。

本学の視機能科学科では視覚に関する専門分野はもちろん、QOL向上を考え他の医療職との連携も大切にしています。このため、他学科との交流を深めることができ来たり、他学科と連携することで視覚以外の分野からの目線での意見も聞けることが魅力の一つです。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る