スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

在学生メッセージ

百瀬 友貴写真 3年生 百瀬 友貴 長野県出身

実際の生活を想定した実習室で学ぶ
本学科には「ADL(日常生活動作)実習室」という実習室があります。キッチンや浴室、トイレ、階段の高さを対象者に合わせて電動で調節できる機能がついているため、どの高さがその方にとって適切なのかを学ぶことができます。また、畳の部屋を想定したスペースもあり、家での生活を想定した動作訓練を学ぶこともできます。実習の際は、どのような動作が安全で効率かつエネルギー消費が少ないのかを、学生同士で意見交換しながら学んでいます。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

オープンキャンパスに参加して初めて作業療法士という職業を知りました。作業療法士は、患者様にとって大事な作業や活動を通して生活の支援をしていく職業であるという事に魅力を感じ、作業療法士を目指すようになりました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:日常生活活動学実習Ⅰ
この科目では、片麻痺患者の動作の特徴や動作分析など、片麻痺患者の支援方法について学びます。実際に起居・移乗動作や食事動作などを行うことで片麻痺患者の動作がイメージでき、片麻痺に対する理解を深めることができました。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

対象者の方がその人らしい生活を送れるように、身体面だけでなく精神面にも考慮して、最適なリハビリテーションを提供したいです。また、対象者やそのご家族、他職種から信頼され必要とされる作業療法士になりたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスは、パンフレットだけでは伝わらない大学や学科の特徴を知る絶好の機会です。また、興味のある職業への理解を深めるきっかけになり、進路を決める際に役立つと思います。オープンキャンパスに参加するか迷っているなら、ぜひ参加してみてください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 精神障害作業療法学       保健統計学
2限 身体障害作業療法学Ⅲ 身体障害作業療法学Ⅰ 高次脳機能障害評価学 高齢期障害作業療法学  
3限   身体障害作業療法学Ⅱ 発達障害作業療法学    
4限   日常生活活動学実習Ⅰ    
5限       作業療法管理学  

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ