スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

在学生メッセージ

可部谷 まい写真 4年生 可部谷 まい 富山県出身

他職種連携で学生生活が豊かに!
本学は医療福祉の総合大学であるため、学生時代から他職種連携を学ぶことができます。一つの課題について各専門職から意見を出し合うことで、他職種で連携することの大切さや様々な職種の仕事内容を知ることができるため、他学科との交友の輪が広がり、学生生活が豊かになったと感じています。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけ、本学科を選んだ理由について教えてください。

私は以前から、医療職に就いて人を助ける仕事がしたいと思っていたため、趣味などの作業活動を用いながらリハビリテーションを行う作業療法士に魅力を感じました。また、本学科は高い国家試験合格率と就職率を誇っているため、本学科への進学を決めました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ
この科目では、身体・精神・高齢期障害の領域について、病院や施設で実習を行います。患者様の心身状況ややりたいことを聴取し、その患者様に合った関わり方を考えて実践したり、どのような支援を行うと良いのかを作業療法士の先生からアドバイスをいただけたりと、将来に繋がる様々な知識を学ぶことができます。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

患者様に「この人が担当でよかった」と思っていただける作業療法士になりたいです。そのためには、多くの知識や経験が必要だと思います。就職後には積極的に勉強会に参加して、患者様の希望に近づけるようにしていきたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスは、大学の雰囲気や興味のある学科を実際に自分の目で見ることのできる良い機会だと思います。少しでも疑問に思ったことはどんどん質問して、自分の目指したい職業を決めてください。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ