スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

教員紹介

北上 守俊写真

リハビリテーション学部/作業療法学科

北上 守俊
Moritoshi Kitakami
助教

プロフィール

担当科目日常生活活動学、日常生活活動学実習Ⅰ、作業療法評価学総論、地域作業療法学Ⅱ、卒業研究
専門分野地域リハビリテーション、職業リハビリテーション、日常生活活動学、神経心理学
学位・称号/取得機関/取得年修士(リハビリテーション学)/筑波大学/2013年、博士(医学)/新潟大学/2017年
資格作業療法士、言語聴覚士、公認心理師、職場適応援助者(ジョブコーチ)、福祉住環境コーディネーター2級
最終出身校新潟大学大学院 医歯学総合研究科
過去の経歴信楽園病院、だいなリハビリクリニック、東京労災病院、新潟県障害者リハビリテーションセンター、新潟リハビリテーション大学を経て現職
所属団体・学会等日本作業療法士協会、新潟県作業療法士会、日本リハビリテーション連携科学学会、日本作業療法教育研究会、日本職業リハビリテーション学会、新潟県言語聴覚士会、脳外傷友の会「スワン」、クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会

業績等

研究領域認知機能や身体機能に障害のある人やシニア層の就労を主とした社会参加に関する研究、障害福祉領域におけるリハビリテーション専門職の役割や効果に関する研究
研究紹介認知機能や身体機能に障害のある人やシニア層が働きがいを持って生活を送っていくための実態調査や効果の研究を行っています。
著書標準作業療法学 専門分野 作業療法評価学 第3版,医学書院,(共著),2017
受賞歴日本職業リハビリテーション学会 第42回 大会奨励賞(2014)
日本職業リハビリテーション学会 第43回 大会奨励賞(2015)
研究論文1.北上守俊,稲葉陽介,高野友美,秋山明美,荻荘則幸.高次脳機能障害者の認知機能の変化率と再就職の可否の予測に関する予備的研究.新潟県作業療法士会学術誌. 2019,13: 17-22
2.北上守俊,八重田淳.高次脳機能障害者の就労支援で解決すべき課題に関する予備的研究.新潟リハビリテーション大学紀要.2018,7(1): 27-32
3.高野友美,北上守俊,秋山明美,荻荘則幸.自動車運転再開支援のリハビリテーションと連携-新潟県の取り組み-;症例から考える当センターにおける自動車運転再開支援.障害と自動車運転に関する研究会. 2018: 66-67
4.北上守俊,八重田淳.高次脳機能障害者の就労支援における神経心理学的検査の有用性について-システマティックレビューとメタアナリシスによる検討-.作業療法. 2018,37(2): 168-178
5.北上守俊,高野友美,秋山明美,荻荘則幸.失語症者の就労の可否と神経心理学的検査成績との関連~標準失語症検査とウェクスラー成人知能検査の分析から~.新潟県作業療法士会学術誌. 2018,12: 24-29
6.北上守俊.作業療法士による障害福祉サービス事業所への相談派遣事業の試み~高次脳機能障害者の相談依頼から~.新潟県作業療法士会学術誌. 2018,12: 43-48
7.北上守俊,八重田淳.高次脳機能障害者の就労可否とウェクスラー記憶検査の下位検査成績との関連-システマティックレビューとメタアナリシスによる検討-.新潟リハビリテーション大学紀要. 2017,6(1): 45-51
8.北上守俊.高次脳機能障害の復職支援に関する国際文献レビュー.職業リハビリテーション. 2017,30(2): 31-37
9.北上守俊,金子真人,本間雄太,諸橋繭美,高野友美,鈴木知佳,斎藤しづか,椎野晴光,吉田真美.病院退院後の地域生活と就労を支える作業療法士~障害福祉領域からの実践報告〜.新潟県作業療法士会学術誌. 2017,11: 52-59
10.北上守俊,高野友美,西片寿仁,岡村美紀,秋山明美,荻荘則幸.高次脳機能障害者の電車利用における行動特徴と認知特性の検討.新潟県作業療法士会学術誌. 2017,11: 27-35
11.眞田里美,西澤麻里子,橋口香,白水洋史,渋谷亮仁,立川裕子,田邉珠江,窪田祐美,内田祥子,北上守俊.てんかん患者の就労状況とニーズに関する実態調査. 新潟県作業療法士会学術誌. 2017,11: 36-41
12.北上守俊.高次脳機能障害者に対する職業リハビリテーションのアウトカムに関する研究-ワークサンプル幕張版の認知機能への影響に着目して-.新潟医学会雑誌. 2016,130(9): 523-534
13.北上守俊.高次脳機能障害者に対するワークサンプル幕張版のアウトカムに関する文献レビュー-医療機関での職業リハビリテーションの可能性の探索-.新潟リハビリテーション大学紀要. 2016,5(1): 43-55
14.北上守俊,高野友美,安中裕紀,松本潔,日高幸徳,泉良太.脳損傷により高次脳機能障害を呈した方への就労支援に関する研究-新潟県の医療機関における作業療法士の現状-.新潟県作業療法士会学術誌. 2016,10: 43-52
15.泉良太,甲田充,北上守俊.新潟市地域在住高齢者における公共交通利用による身体活動量・自己効力感への影響に関する予備的研究.新潟県作業療法士会学術誌. 2016,10: 38-42
16.北上守俊.作業療法士のキャリア形成に影響を及ぼす要因に関する研究-認定作業療法士のキャリアコンピテンシーとの比較から-.作業療法教育研究. 2015,15(1): 27-38
17.北上守俊.高次脳機能障害者に対するグループ訓練のアウトカムに関する予備的研究-就労を目標とする方を対象に-.新潟県作業療法士会学術誌. 2015,9: 42-51
18 .北上守俊,八重田淳.高次脳機能障害者の就労支援に求められるコンピテンシーと職種間差異について.職業リハビリテーション. 2014,28(1): 2-11
19.北上守俊,高野友美,秋山明美,荻荘則幸.新潟県障害者リハビリテーションセンターの役割と機能の探索的検討~利用者状況の分析から~.新潟県作業療法士会学術誌. 2014,8: 32-41
20.Ming Hung Wang,Lewis T.A,Chan F,八重田淳,藤井明日香,北上守俊:台湾の職業リハビリテーション.職業リハビリテーション. 2014,27(2): 28-34
研究業績2019年4月~2021年3月:厚生労働科学研究費「就労継続支援B型事業所における精神障害者等に対する支援の実態と効果的な支援プログラム開発についての研究」 (分担)
2018年4月~2019年3月:日本職業リハビリテーション学会若手研究助成事業「高次脳機能障害者におけるWork-ability Support Scale(WSS)日本語版の信頼性及び妥当性の検証」 (代表)
2017年4月~2018年3月:日本職業リハビリテーション学会若手研究助成事業「就労系サービス事業所におけるリハビリテーション専門職のニーズと専門的役割に関する研究」 (代表)
2013年4月~2014年3月:日本職業リハビリテーション学会若手研究助成事業「医療機関から就労支援機関への移行期に求められるコンピテンシーに関する研究-高次脳機能障害者の専門職を対象に-」 (代表)
2013年1月~2014年12月:日本作業療法教育研究会助成事業「作業療法士のキャリアコンピテンシーの影響要因に関する研究-認定作業療法士との比較から-」 (代表)
社会的活動日本作業療法士協会 学術部
新潟県作業療法士会 理事
新潟県作業療法士会 査読委員
新潟県高次脳機能障害支援拠点運営委員会 委員
日本職業リハビリテーション学会 学会誌編集委員会

このページの先頭へ戻る