スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

在学生メッセージ

佐藤 成写真 3年生 佐藤 成 福島県出身

スポーツ医科学Labで学ぶ!
スポーツリハビリに興味があった私は現在、スポーツ医科学Labに所属し、筋力トレーニングに関する研究やスポーツによるケガの発生メカニズム解明に関する研究を行っています。また、学内には「スポーツ医科学実験室」があり、本学強化指定クラブ選手に対する治療やコンディショニングなどのサポートを実践的に学ぶことができます。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私は高校で野球部に所属していました。理学療法士を目指すきっかけとなったのは、高校2年生の時に部活動で骨折をして、病院でリハビリテーションを受けたことでした。その際、担当の理学療法士の方に献身的なサポートをしていただき、無事に競技復帰をすることができました。以前より人のために役立てる仕事がしたいと考えていた私は、この経験から理学療法士になることを決めました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

進学先として本学を選んだ理由は、スポーツ理学療法の知識や技術を学ぶのにとても充実した環境があるからです。しかし、実際に入学してみるとスポーツの領域だけでなく、理学療法の各領域にそれぞれ精通する先生方がいらっしゃり、質の高い教育を受けることができます。また、本学は海外研修制度も充実しており、私はアメリカ研修に参加し、国際交流を通じてコミュニケーション能力を養うことができたと実感しています。

Q印象に残っている授業・実習について教えてください。

授業・実習・分野名:スポーツ障害理学療法学
スポーツ障害理学療法学は、スポーツによって怪我をした患者様を想定し、グループワークを通じて評価や指導内容、治療などを学ぶことができる科目です。臨床経験豊富な先生方のご指導の下、スポーツ理学療法の一連の流れをより専門的に学ぶことができます。スポーツに携わる理学療法士になりたい方にとって、この科目はとても興味深く、充実していると思います。

Q学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

本学科の先生が3年前期の中枢神経系理学療法学という授業でおっしゃっていた「技術は理学療法の原点」という言葉がとても印象に残っています。この言葉で、私は知識だけでなく十分な技術を身につけ、怪我や病気で困っている患者様に身体面や心理面で良い変化を与えられるような理学療法士になりたいと強く思いました。私は、それを実現するために日々勉強に励んでいます。

Q将来の夢や目標を教えてください。

将来は、本学での学びを活かして、近年高齢化が急激に進行する日本の一理学療法士として臨床活動や研究活動を通じて、患者様の機能回復や自立支援、障害・介護予防に努めていきたいと考えています。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学には素晴らしい設備と環境があり、日本トップレベルの先生方、優しい先輩方がいるので、楽しく理学療法を学ぶことができます。私たちはみなさんの入学を心からお待ちしています。大学受験突破に向けて日々の勉強を頑張ってください!!

  MON TUE WED THU FRI
1限 スポーツ医学 義肢装具学 研究法 スポーツ障害
理学療法学
徒手理学療法学
2限   運動生理学  
3限   地域理学療法学      
4限     地域理学療法学 小児科学
5限 理学療法ゼミI    

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る

閉じる AO入試 受付中!!
閉じる オープンキャンパス 9/1(土)