スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

言語聴覚学科

在学生メッセージ

齋藤 ほのか 2年生 齋藤 ほのか 山形県出身

実践を意識した学習が魅力!
実際に現場で活躍している先生方からのお話は、ためになるものばかりです。ただ資格を取得するために知識や技術を身につけるのではなく、実践を意識して学習に取り組むことができます。また、セミナーも開催しており、難しい科目に対するサポートも充実しています。同じ学科の学生も、とてもいい人たちばかりなので、ともに教え合いながら勉強するのは楽しいですし、自分も頑張ろうと思えます!

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

失語症を患う祖父と接する中で、同じような症状を持つ方たちが地合わせだと思えるような手助けをしたいと思ったことから、言語聴覚士を目指すようになりました。本学を志望した理由は、「チーム医療」に必要な技能を身につける体制が整っていることと、実習などを通して豊富な実践経験を積むことができるからです。また、実際に現場で活躍する先生方から教えていただけるということも、魅力の一つだと思います。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:成人言語障害学演習Ⅰ
この科目では、標準失語症検査(SLTA)を用いて、失語症の評価についてを実践的に学びます。自分が検査を行うだけでなく、患者役になり失語症のタイプを考えることで内容が理解しやすいです。この授業を通して、より相手のことを考えて行動できるようになったと感じています。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

私は、多くの人に信頼され、患者様やそのご家族に寄り添える言語聴覚士になりたいと考えています。将来は、成人や高齢者のコミュニケーションや摂食嚥下に関するリハビリテーションを行い、地域に貢献したいです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:手話部
手話部では、講師の方を招いての手話の勉強や、伍桃祭(大学祭)での手話歌の発表を行っています。自己紹介や簡単な会話文などを、ジェスチャーも交えて楽しく身につけることができます!

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、言語聴覚士や本学を目指すうえで生じた疑問を直接解決することができます。大学生活や一人暮らしなどの不安も、先輩や先生とじっくり話す良い機会になると思うので、ぜひ参加してみてください!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学は学生の意欲も高く、一人ひとりへのサポートもしっかりしています。そういった、自分も頑張ろうと思える環境での学習は、確実に自分の力になっていると思います。皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています!

  MON TUE WED THU FRI
1限   聴覚障害Ⅰ演習      
2限 臨床神経学 聴覚障害Ⅱ 小児言語障害学Ⅱ  
3限 成人言語
障害学演習Ⅰ
成人発声
発語障害学Ⅰ
連携基礎ゼミ 耳鼻咽喉科学  
4限 言語聴覚
障害診断学
学習・認知心理学   小児発声発語
障害学演習
 
5限   内科学Ⅱ   摂食・嚥下障害学

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ