スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

言語聴覚学科

在学生メッセージ

永守 晃二写真 4年生 永守 晃二 富山県出身

現場を意識した授業が魅力
本学科の講義や実習は、常に実際の臨床現場を想定しながら行うため、教科書には書かれていない知識も修得することができます。また、“チーム医療”について学ぶ「連携教育」により、言語聴覚士として働くための視野を広げることができるのも魅力の一つです。本学科で学んだことを活かし、卒業後は患者様一人ひとりに寄り添える言語聴覚士を目指します!

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校3年生の時に、授業の一環で言語聴覚士がリハビリを行っている様子を見学させていただいたことがありました。それがきっかけで、目には見えない障害に苦しむ患者様を支援するという仕事内容に興味を持ち、目指すようになりました。

Qおすすめの授業について教えてください。

科目名: 臨床実習Ⅲ
この科目では、様々な病院や施設で実際の患者様に対して検査や訓練を行います。学内の授業だけでは得られない知識の修得や各病院・施設の特徴についての理解ができ、国家試験や就職活動への意識も大きく変わりました!

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動名:ランニングサークル
大学生活が始まってから勉強やアルバイトに時間を割くことが増えたので、運動不足を感じました。そのため、運動不足解消と健康維持を目的に、サークル活動に参加し巻いた。仲の良い友人と運動して汗を流すのはとても楽しいです!

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

現段階で将来について決まってなくても、先生方や学生から話を聞けば自分の進路を考えるうえで役に立つと思います。ぜひ、積極的に話しかけて、色々なことを聞いてみてください!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

入学試験や大学生活、将来のことも踏まえると大きな決断になると思います。私も入学前は勉強や将来について色々と悩んでいました。でも今は本学に通えて良かったと心の底から思います。どこに行ったかではなく、どこで何をしたかが重要だと思います。受験勉強頑張ってください。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

このページのトップへ