スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

在学生メッセージ

本間 沙季写真 3年生 本間 沙季 新潟県出身

私が本学科を選んだ理由は、社会福祉士の国家資格取得に加え、精神保健福祉士や介護福祉士との国家資格のダブルライセンスを目指すことができるからです。また、全国トップクラスの国家試験の合格率と就職率の高さも魅力です。このような環境を存分に活かし、福祉に関わる幅広い領域を学び、様々な福祉分野に対応できる福祉専門職として、将来活躍していきたいです。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

高校の時、授業の一環として、グループホームへ行き利用者様とお話をしたり、一緒にレクリエーションを行うという機会がありました。その際に自分たちが何かをしてあげるそれだけではなく、活動を通して利用者様からたくさんの元気をもらっているということに気づきました。それから、一人でも多くの人を元気で笑顔にする仕事がしたいと思い、福祉の分野を目指すことを決めました。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

授業・実習・分野名:相談援助演習
この授業はグループに分かれて、事例や課題を話し合い、まとめ、そのことをクラス内で発表、共有する授業です。この授業を受けることで、発想力や自分の意見を相手に伝える力、相手の話を聞くという姿勢が身につきました。また、グループワークを通して自分では思いつかなかった新たな考えも知ることができ、とても勉強になりました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

自分に相談して、話して良かったと思ってもらえるような社会福祉士になりたいと思います。そして、困っている方を一人でも多く見つけ出し、支えていけるような仕事をしていきたいと考えています。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

在学生から実際に話を聞くことで、進学するにあたっての不安や疑問点を解消することができました。また、キャンパス内を見学したり、体験プログラムに参加することでこの大学に入って勉強したいという気持ちが高まりました。そのため、まずは気軽に参加してみることをおススメします。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

少しでも興味がある、この分野について学んでみたいという気持ちがあるなら、思い切って踏み込んでみてください。この大学で学んだ知識や経験は、これから生きていく上での糧になり、学びの中から将来を見据えることができると思います。

  MON TUE WED THU FRI
1限     社会保障論Ⅱ    
2限   認知症の理解Ⅱ 福祉行財政・計画・運営論Ⅱ    
3限 相談援助各論Ⅲ 相談援助
実習指導Ⅲ
  公的扶助論Ⅱ 医学一般Ⅱ
4限 相談援助演習IV     生活援助技術Ⅵ  
5限 相談援助各論IV     社会福祉専門ゼミⅡ 社会調査

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る