スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

在学生メッセージ

内山 啓悟写真 4年生 内山 啓悟 新潟県出身

福祉行政職の夢を達成
私は福祉に強い行政職員になります。福祉とは「ふだんの暮らしの幸せ」を守ることに意義があると思います。本学科で、その「幸せ」を守るために必要なことを学びました。次は、それらを体現し、日本一のまちづくりをしていきたいと考えています。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私の身近に高齢者の方が多くいたことがきっかけでした。特に私は、共働きでいない両親に代わり祖父と祖母にとてもお世話になりました。また、外を歩けば近所の高齢者の方々にもかわいがってもらい、たくさんの楽しい思い出があります。これが私の原点であり、お世話になった人や地元に恩返しをしたいと思い、福祉の道を進もうと考えました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

一番の決め手は、行政機関の職員を目指すことができることです。採用試験の際に本学の先生方が熱心に指導していただいたことはとても励みになりました。また、行政職員に必要な「市民主体」や「市民協働」といった視点の本質は、本学で学ぶことのできる「福祉観」にあると感じました。こうした福祉の思想を学ぶことができ、入学して良かったと感じています。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

授業・実習・分野名:連携総合ゼミ
連携総合ゼミは、他大学や他学科の学生と一緒に、実際の現場の事例をテーマに支援を考える授業です。授業の特徴は、それぞれの専門職で視点や考え方が違うため、新しい発見が多く、実践に近い学びを得られることです。それに学びだけでなく、グループのメンバーとも交流が深まり、食事に行くなどとても充実していたことを覚えています。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

将来なりたいものがなく、大学の選び方が分からない人もいると思います。その時は自分の「こだわり」を追求するもいいかもしれません。それは、学部・学科以外にも、学生の雰囲気、施設・設備、校舎の清潔感、一人暮らしの充実など様々あると思います。それがあなたの大学生活を充実させ、またその中で将来なりたいものが見つかるかもしれません。

  MON TUE WED THU FRI
1限          
2限          
3限 相談援助演習V     社会福祉専門ゼミⅢ  
4限          
5限          

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る