スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

ゼミ紹介

学生自らの「学び」の意欲を尊重し、それぞれ関心領域についてより専門的な理解を深め、卒業研究へとつなげていきます

河野ゼミ 福祉と医療の連携を図る方法に関する研究

河野 聖夫教授写真

河野 聖夫
Seio Kouno
准教授

本ゼミでは、病気や傷害に伴って生じる生活問題の解決を支援する保健医療ソーシャルワーク、病院や地域医療における保健医療福祉の専門職の連携、チーム医療や地域包括ケアなどの取り組みについて研究しています。暮らしの中にどのような保健医療の問題があるのかを知り、実際の医療福祉の取り組みや連携の実際に触れながら考えていくことで、命と健康、生活を支えていくことの大切さ、地域住民や行政と専門職の連携の重要性を感じていければと考えています。新潟市内の病院を見学したり、現役の医療ソーシャルワーカーの方からのお話を伺ったりしながら研究を進めています。

教員詳細情報


笹嶋 夏未写真

社会福祉学科4年
笹嶋 夏未
富山県
南砺福野高校出身

私は、難病を抱える患者様の現状と課題について研究を進めています。本ゼミでは、3年次から保健医療福祉分野について個人やグループで理解を深めていきます。また、病院見学の機会もあり、実際の現場についても学ぶことができます。将来は、患者様やそのご家族の思いに寄り添うことのできる医療ソーシャルワーカーを目指しています。

<ゼミの研究内容例>
●看取り支援(死への対応、相談援助)に関する研究
●災害時の医療ソーシャルワーカーの役割に関する研究
●山間地の医療の現状と課題に関する研究

青木ゼミ これからの地域共生社会の実現に関する研究

青木 茂教授写真

青木 茂
Shigeru Aoki
准教授

日本には、日常生活で不安や悩みを抱えても相談できる人や気づいてくれる人が身近にいるなど、地域での助け合いや家族同士の支え合いが当たり前のようにありました。しかし、少子化・超高齢化の影響で、この機能が徐々に低下しています。そのため政府は、地域共生社会の実現に向けた様々な施策をスタートさせています。本ゼミでは、政府の施策について、特に福祉教育に焦点を当てた研究を進めています。ゼミ活動では、フィールドワークを重視し、住民主体で運営する地域の茶の間の活動への参加や社会福祉協議会への訪問など、活動の現状についてインタビューをしながら理解を深めています。

教員詳細情報


阿部 翼写真

社会福祉学科3年
阿部 翼
新潟県
新発田南高校出身

私は、福祉教育に関する理解を深めながら、フィールドワークでのレクリエーションの企画・実施を通して、地域福祉と福祉教育の関連性について研究しています。また、新潟水俣病資料館へ訪問し、新潟水俣病における差別・偏見についても学んでいます。将来は、本ゼミで得た知識を正しく伝えられるソーシャルワーク専門職になりたいと考えています。

<ゼミの研究内容例>
●災害時における要援護者支援に関する研究
●家庭における福祉教育と障害者理解に関する研究
●介護人材の不足に関する研究

原口ゼミ 総合人間科学としての臨床心理に関する研究

原口 彩子教授写真

原口 彩子
Ayako Haraguchi
講師

臨床心理学が培ってきた人間理解に対する知識は、一定の分野のみに留めることなく、幅広い分野で活用されるべきです。しかし、福祉分野でその知識を活用する場合、誰に対しても変わらない深い理解と積極的な関心がなくては、その専門性を発揮することができません。時には、ことばでのやりとりができない人とも心を通わせようと工夫を重ねる姿勢が必要となります。本ゼミでは、「精神障害や発達障害とは何か」という知識修得に留まらず、そのような障害を抱える人々との交流を通して、自らの心の中にある偏見やレッテルと向き合い、その生きる姿勢から大きな学びを得ていきます。

教員詳細情報


大竹 高弘写真

社会福祉学科4年
大竹 高弘
福島県
会津学鳳高校出身

私は、ゼミ活動で自閉傾向の強い発達障害の方々と関わりを通じて、より深くその特性を理解し、個人に合った関わり方を学びたいと思い、強度行動障害に関する研究に取り組みました。研究を通して、社会福祉士に必要であることをあらためて確認するとともに、より福祉分野を学ぶ魅力を感じることができたと考えています。

<ゼミの研究内容例>
●知的障害を伴う自閉症者の就労支援の現状と課題に関する研究
●“0”からの挑戦福祉学生が挑む「小さな農福連携」に関する研究
●薬物依存症患者に対する支援の基本姿勢に関する研究

渡邉ゼミ 地域保健福祉と住民参加活動に関する研究

渡邉敏文教授写真

渡邉 敏文
Toshifumi Watanabe
教授

地域に密着した研究活動

人は誰でも地域において健康で安心・安全に暮らしたいと思っています。そのためには、地域で解決していかなければならないことが多くあります。それらの理解のため、本ゼミでは、様々な地域での住民参加活動に関わることや福祉施設の利用者と交流すること、水俣病の患者様の支援などをとおして実践的な研究を進めていきます。これらの研究は、行政機関や社会福祉協議会などと連携して行っていくこともあります。研究を通じて、卒業後の進路に役立つ福祉専門職としての理論と実践を兼ね備えた力量を身につけることを目指しています。

教員詳細情報


寺田ゼミ 多様な生き方を支える社会に関する研究

寺田貴美代准教授写真

寺田 貴美代
Kimiyo Terada
教授

関心のあるテーマを追求する

本ゼミでは、将来さまざまな生活問題や社会問題に関わるソーシャルワーカーとして活躍するために、一人ひとりが関心を持った社会福祉のテーマを掘り下げ、研究成果としてまとめています。そのため、ゼミ生が取り組むテーマはとても幅広く、児童福祉や家族福祉、高齢者福祉、障がい者福祉、国際社会福祉など多岐に渡ります。また、ゼミの研究活動はゼミ生同士で楽しみながら協力し、発表や考察、意見交換などを行います。それにより、地域福祉に関する知識を共有し、仲間がいることを心強く思えるような雰囲気の中で社会福祉についての理解を深めることができます。

教員詳細情報


野口ゼミ ノーマライゼーションと偏見に関する研究

野口晃講師写真

野口 晃
Akira Noguchi
講師

福祉専門職の本質を学ぶ

“ノーマライゼーション”と“偏見”は、福祉専門職を目指す者にとって極めて重要なキーワードです。本ゼミでは、これら“二つのキーワード”を主柱に据え、その歴史的背景や社会・経済情勢、国家・民族などについて幅広く研究します。そして、議論を通して「そもそも対人援助とは何か?どこから来てどこを目指すのか?」という福祉専門職の本質を学んでいきます。自分で考え自分の言葉で説明していく力や仲間を支援し、協働しながら物事を進めていく力、本質を見極めようとする姿勢など福祉専門職に必要な資質が育まれていくことを目指しています。

教員詳細情報


松山ゼミ 福祉施設サービスの質の向上に関する研究

松山茂樹教授写真

松山 茂樹
Shigeki Matsuyama
教授

福祉サービスの現状と課題を明らかにする

本ゼミでは、児童・障がい者・高齢者等の様々な社会福祉施設や福祉サービスの現状と課題を明らかにするための研究を行っています。特に、「福祉サービスの質」の向上を図ることを目指し、学生一人ひとりが設定したテーマに基づき、社会福祉施設・事業所等の意義・機能・役割等を踏まえた研究を進めています。また、研究した結果についてゼミ内で発表・討議を行い、研究内容のさらなる充実を図ります。学内での研究だけでなく、社会福祉施設の管理者・施設長へインタビューを行うなど、より実践的な活動を行うゼミです。

教員詳細情報


丸田ゼミ 社会保障制度と福祉政策に関する研究

丸田秋男教授写真

丸田 秋男
Akio Maruta
教授

現代社会が直面している福祉諸問題を解明する!

私たちの社会は、生活困窮、失業、若者の引きこもり、自殺、孤立死、子ども・障害者・高齢者の虐待、女性への暴力など多くの福祉問題を抱えています。本ゼミでは、このような福祉問題を解決するための政策や、21世紀において目指すべき社会保障のあり方等について議論し、自治体や社会福祉協議会等に実際に出向いて調査を行うフィールドワークを取り入れています。また、ゼミは学びの場だけでなく、人生の“友”や“師”と出会う大切な場であることから、2年間を通して豊かな人間的交流を深めています。

教員詳細情報


横山ゼミ 傷病者への生活支援に関する研究

横山豊治教授写真

横山 豊治
Toyoharu Yokoyama
教授

傷病者への理解と支援方法を学ぶ

傷病の種類や程度によっては、患者さんの家庭・職業生活や学校生活など様々な場面に影響が及び、医療面だけでなくソーシャルワークの視点からの支援が必要となる場合があります。本ゼミでは、3年次に生活への影響が大きい病気の特徴と生活問題、必要なソーシャルワークについて分担して調べます。その上で、医療ソーシャルワークの事例研究を行い、4年次に傷病の当事者らによって綴られた闘病記などの文献研究を行います。そして、「傷病者への理解と支援」という共通テーマでゼミ論文をまとめています。

教員詳細情報


松本ゼミ 精神保健福祉領域に関する研究

松本京介講師写真

松本 京介
Kyosuke Matsumoto
准教授

心理的支援の探求

本ゼミでは、精神保健福祉領域における諸問題を巡る心理的支援のあり方について探求し研究を行っています。特に、「こころの病」とされる現象を人間関係の中でも理解していくことを目指しています。各自が「こころの健康」を巡る課題や精神科臨床における現代的なテーマ(「パーソナリティ障害」・「発達障害」・「PTSD」・「解離」など)を問題として設定し、理解を深めていきます。ゼミの時間は、各自のレポート発表と全体での討議が中心となり、最終的に各自が論文を作成します。

教員詳細情報


※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る