スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

研究

「スポーツ」×「医療」を融合した教育・研究活動

全国オンリーワンの教育環境で“新時代”のQOLサポーターを育成!

本学では、全国でも数少ない看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉・医療ITの専門職を養成する総合大学の強みを最大限に活かした教育・研究活動を行っています。「スポーツ」×「医療」「福祉」を融合した基礎的研究から実践、地域貢献、アスリート育成に至る様々な活動を通じて、新時代のQOLサポーターを育成します。

専門性を高める実践的な活動と研究

本学独自の教育・研究環境を活かした実践的な活動と研究を通じて、学生たちはトレーニング、コンディショニング、傷害予防、栄養指導などの専門知識と技術を修得し、幅広いフィールドで活躍できる人材を育成します。

活動
学生によるトレーナー活動

アスリートサポート研究チームの教員による指導のもと、各種トレーナー部の学生が強化指定クラブの練習や試合に帯同し、選手のコンディショニングや傷害予防に向けたトレーニング指導などのサポート活動を行っています。

活動
障害者ランニング教室

学内で実施する“義足利用者のランニング教室”のサポートスタッフとして学生が参加しています。学生は、スポーツ用義足の調整や走行動作の計測などを行うことで、障害者アスリートの支援について実践的に学んでいきます。

研究
女性アスリートに関する研究

新潟医療福祉大学大学院
医療福祉学研究科
健康科学専攻
健康スポーツ学分野2年
五十嵐 小雪
健康スポーツ学科卒業

女性の月経周期は、脳からの指令を受けて、卵巣から分泌される女性ホルモンの変動によって調節されています。これまで、月経周期が人の運動学習能力に、どのように影響するかは分かっていませんでした。私たちの研究グループでは、「月経を女性の味方にする」ことをテーマに、研究を進めています。今後は、運動学習や月経周期によってどのように変化するかを評価できる手法を新たに確立し、運動学習能力が月経周期で変化する要因を追究していきたいと考えています。

研究
野球選手の肘傷害に関する研究

新潟医療福祉大学大学院
医療福祉学研究科
保健学専攻
理学療法学分野2年
松澤 寛大
理学療法学科卒業

野球選手では度重なる投球時のストレスにより肘の内側に傷害が発生しやすいといわれています。そのストレスを減らすためには、前腕の筋のエクササイズが重要であると考えられていますが、具体的な方法については解明されていません。そこで我々は、詳細な筋の構造と、構造に基づく機能について明らかにしました。このように基礎的な研究を重ねることで将来有効な予防法や治療法を開発し、ケガで苦しむアスリートを1人でも多く減らせるようにしたいと考えています。


※学生の学年は2020年度在籍時のものです。

TOPICS

文部科学省科学研究費採択件数で“全国第4位”の優れた研究力

2020年12月に文部科学省が発表した「2020年度科学研究費採択件数(過去3年間の新規採択の累計数)」において、「スポーツ科学、体育、健康科学、およびその関連分野(リハビリテーション科学を含む)」で、本学が全国第4位となりました(私立大学では第2位)。スポーツ科学とは、科学的な視点からスポーツを分析し、スポーツや健康に関して実験や調査を通じて理論的に研究することです。近年では、技術や戦術が高度化し、より高い科学性に基づいたコーチングやトレーニングが不可欠な競技スポーツをはじめ、アスリートをサポートするコーチやトレーナー、さらに中高年や障害者への適切なアドバイスやトレーニングプログラムの作成など、幅広い分野でスポーツ科学に対する関心が高まっています。

スポーツ科学、体育、健康科学およびその関連分野

このページのトップへ