院生

原山 穂乃香

健康科学専攻

健康スポーツ学分野 2年

専門性を高めるために

私は、生徒に運動の楽しさや意義を教えられる保健体育教員、また、勝つことの喜びを味わわせることのできる部活動顧問になるために、学部生の時以上に知識を身につけ、経験を積みたいと考え大学院に進学しました。

大学院の授業では、自分の興味のある分野について、より専門的に学ぶことができます。授業のなかでは、考えや意見を求められる場面が多いため、常に自分の考えや意見を持つ習慣が身につきました。また、院生同士での意見交換をする場面も多く、他者の意見を聞き、自分の知見を広げる良い機会になっています。

授業と研究の他に、非常勤講師として高等学校で保健体育を教え、また、本学の強化指定クラブである女子バスケットボール部で学生コーチとして現場での経験も積んでいます。

大学院での研究や授業から、様々な知識を身につけ、講師や部活動指導から様々な経験を積むことで、将来の夢に着実に近づいていると確信しています。

より高い専門性を身につけたいと考えている学部生は、ぜひ大学院に進学し、学び続ける2年間にしてみてはいかがですか。

修了生

中野 沙紀

健康科学専攻

健康スポーツ学分野 2018年度修了

中身が詰まった2年間

私は、メディカルフィットネスで働くために、学部生の時以上に健康支援や運動指導についての知識を身につけ、経験を積みたいと思い、大学院に進学しました。そして、今は希望通り、メディカルフィットネスで働くことができています。大学院生活の中では、常に疑問を持つことを心がけていました。研究ではもちろんですが、運動指導等の現場に立った時でも、「どうしたら目の前の人たちを満足させてあげられるか」「どのような運動が効果的なのか」など、常に疑問を持ち、考えるようにしていました。このような思考力が身についたのも、大学院に進学したおかげだと思っています。研究については、認知症予防や認知機能低下予防をテーマとして取り組んでいましたが、学んだ知識を活かし、職場でも会員さんと脳トレをしたり、運動が認知機能に与える影響についてお話したり、学んできたことが職場の中でも私自身の強みとなっています。

2年間という期間はとても短いですが、その中で得られるものはとても多かったです。皆さんにも、新潟医療福祉大学大学院で充実した2年間を過ごす中で、自身の強みを作っていってほしいと思います。応援しています!