院生

坂西 清

保健学専攻

医療技術安全管理学分野 1年

より良い医療を患者に提供するために

私は新潟県内の医療機関で20年以上働いてきました。大学院に進学することなど考えてもいませんでしたが、上司の後押しや同僚の大学院で学ぶ姿を見て、自分の成長に繋がると考え医療技術安全管理学分野に入学しました。

現在、私は大学院で臨床検査の標準化や医療安全管理を学んでいます。勤務地が大学院から遠方ということもあり仕事との両立は難しいとも考えましたが、リモートでの授業もあり仕事の後に余裕をもって受けることができます。講師の先生方も学生の質問や悩みに親身になって対応してくださり大変にありがたく感じています。

また、講義の内容も実際の医療現場につながることが多く、大変有意義な経験をさせていただいています。

高度化していく医療において、臨床検査は品質・精度の確保やリスク管理が非常に重要になってきています。臨床検査が標準化され、品質が担保されたデータは患者に対してより良い医療の提供につながります。大学で学んだことを医療現場で活かし、後進の指導につなげていきたいと思っています。

修了生

井口 啓太

保健学専攻

医療技術安全管理学分野 2020年度修了

学びの場へ飛び込んで

臨床検査技師養成校を卒業し、およそ20年間病院に勤務しています。私は大学を卒業していなかったため、研究や論文作成に興味はありましたが、大学院で学ぶことなど無縁だと思っていました。そんな折、すでに本学の大学院で学んでいた上司から、大学を卒業していなくても基準を満たしていれば入学できるとの情報をいただき、思い切って入学することを決意しました。

2年間の学生生活は有意義なものでした。1年次の基礎科目ではメディア授業を中心として、課題提出、グループワークなどを行いました。多職種、他分野の院生とお話しする機会もあり新鮮でした。また月に2回の研究会では、抄読会や他の院生の研究進捗発表を中心に、研究の組み立て方、医療技術安全管理学の要点を学ばせていただきました。論文など書いたことがなかったため、この指導がなければ論文完成に至らなかったと思います。2年次は、研究の進捗を報告し、先生方の厳しくも熱心な指導のおかげで、論文を完成させることができました。この経験が、臨床でのスタッフ教育、医療安全管理に繋がると確信しています。

仕事・学業の両立も、想像より負担は少なく修了することができました。興味がある方は、大学院という学びの場へ飛び込んでみてはいかがでしょうか?