トピックス&ニュース

【理学療法学科】八幡薫さんの研究論文が国際誌に掲載されました!

画像1

八幡薫さん(理学療法学科16期生、大学院修士課程1年、応用理学療法Lab、運動機能医科学研究所)の研究論文が、国際誌『European Journal of Applied Physiology』に掲載されました。
ストレッチングの主な効果は関節や筋の柔軟性を増加させることですが、他の効果として筋力が強くなったり、筋肉が太くなったりする可能性も示されています。
今回の研究では、このストレッチングを長時間の介入を行った時にどのような変化をするのか?ということを明らかにしました。

【研究内容の概要】
ストレッチングはスポーツ現場やリハビリテーション現場でたくさん使用されている手技で、その主な効果は関節や筋の柔軟性を増加させることです。
その他の効果として、一回のストレッチングではなく、反復した定期的なストレッチングを行うことで筋力が増加したり、筋肉が太くなったりする可能性が示されていました。
そこで今回の研究では、これまでの研究の中で最も長いストレッチング介入(一週間60分間のストレッチングを行う)を5週間行い、筋力・筋量について検討を行いました。
その結果、筋力は少し増加しましたが、筋肉は太くなりませんでした。
この結果より、若者を対象とした場合、ストレッチングによる筋力・筋量増加効果はあまり期待できないため、もし、筋力や筋量を増やしたいのであれば、トレーニングをしっかりと行う必要があることが分かりました。

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2021/02/-20210207.html

【八幡さんと中村講師からのコメント】
ストレッチングは主に関節・筋の柔軟性を増加させるために使用されますが、その効果については様々です。特に、一回のストレッチング、特に筋肉をじっくりと伸ばすスタティックストレッチングを行った直後は筋力が低下することが問題ですが、定期的なストレッチングを行った場合、筋力は増加する可能性が示されていました。今回の研究では、その可能性について、若者を対象とした研究では一番長い時間のストレッチング介入効果を検討しました。その結果、筋力はわずかに増加しますが、筋肥大効果はありませんでした。その反面、悪影響、例えば、筋力が減ってしまうなどの現象はありませんでしたので、定期的にストレッチングを行っても問題はないと思っております。しかし、関節や筋の柔軟性を増やせるだけではなく、筋量や筋肥大効果があるストレッチング法を明らかにできればと思っています。

【原著論文情報】
Yahata K, Konrad A, Sato S, Kiyono R, Yoshida R, Fukaya T, Nunes JP, Nakamura M. Effects of a high-volume static stretching programme on plantar-flexor muscle strength and architecture. Eur J Appl Physiol. [in press]


>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/

画像1