トピックス&ニュース

遺跡出土人骨や白骨死体の法医鑑定を受託する『自然人類学研究所』を新設!!4月7日(木)に開所式を実施します

平素より新潟医療福祉大学(本学)への格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2022年4月7日(木)本学内にて、学内研究所「自然人類学研究所」の開所式を挙行する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
開所式では、2021年11月に阿賀野市土橋遺跡にて発見された4000年前の縄文時代の人骨や、長岡藩牧野家の藩主と正室の復顔模型を4個体(復元途中)など、本学内の展示資料を所長・奈良貴史教授より解説いただく予定です。

■「自然人類学研究所」(所長:理学療法学科:奈良貴史教授)
2022年1月に学内に新規設置いたしました。
本研究所では、人類学の研究を推進するとともに、警察や地方自治体などと連携して、遺跡出土人骨や白骨死体の法医鑑定を受託していきます。
加えて、高等教育機関において解剖学や運動学を担当することのできる人材の育成などを通して、社会貢献することも目的としています。
人類学を学べる環境は、全国的にも非常に限られており、地方私立大学において人体の基本構造を学べる人類学分野の研究所を置くことは、他に例を見ない大きな特色の一つです。

■所長プロフィール
奈良貴史(ならたかし/理学療法学科 教授)
・専門分野
自然人類学、解剖学
・所属団体・学会等
日本人類学会、日本解剖学会、日本考古学協会
・メディア出演歴
「NHK BSプレミアム ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」、「日本テレビ ディスカバリーエンターテイメント 秘密のケンミンSHOW極」等

本学には他にも、感覚・運動機能、運動制御・運動学習及び運動器に関する基礎・臨床研究を行うことを目的とする「運動機能医科学研究所」や特定のプロジェクトについて研究を行う「プロジェクト研究センター」を設置し、保険・医療。福祉・スポーツ分野の発展に貢献する研究と研究成果を広く世界へ発信することを積極的に取り組んでおります。
引き続き、国内外の研究者や専門識者とも広く協同し、企業や行政等、外部組織・団体との連携を積極的に図って参ります。

つきましては、本学の研究・社会貢献活動について、広く県民の皆様に周知いただきたく、取材・報道くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。
当日、取材をご希望の方は、お手数ですが別紙に必要事項をご記入いただき、FAXまたは、Eメールにてご返信くださいますようお願い申し上げます。
今後も本学の報道につきまして、より一層のご配慮を賜りますようお願い申し上げます。

【『自然人類学研究所』 開所式 概要】
■日時
2022年4月7日(木) 13時00分 ~ 13時30分
■メディア受付時間
12時30分 (集合場所は、管理棟1F大学事務局前です)
※事前申込制となりますので、下記よりお申込書をダウンロードいただき必要事項をご記入ください。
>>お申込書はこちら
dab7010fd45b64b654ba9b55090e2538.pdf (103.0KB)
■会場
新潟医療福祉大学 GA403 解剖学実習室
■式次第
学長挨拶、研究担当副学長挨拶、研究所長挨拶、研究員紹介、展示資料紹介

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/