トピックス&ニュース

【理学療法学科】OB院生の渡部さんらの研究論文が『Sports Biomechanics』に掲載されました!

OB院生の渡部さん(昨年度修士課程修了)らの研究論文が『Sports Biomechanics』に掲載されました!
国際誌4本目となり短期間で大変素晴らしい業績を残しています!

〔研究の概要〕
足関節内反捻挫およびその後遺症である慢性足関節不安定症(CAI)は、スポーツ活動や日常生活の質の低下を招くことが報告されています。そのため、近年の先行研究では足関節内反捻挫後に再受傷や足部の不安定感を生じないcoperが注目されています。
本研究では足関節内反捻挫の受傷機転の1つである着地動作時のCAI群とcoper群の違いを運動学・運動力学的に検討しました。その結果、coper群は着地動作において、足関節だけではなく股関節・体幹の運動制御戦略や床反力の衝撃吸収が異なることが明らかになりました。


>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2022/03/-1.html


〔研究者からのコメント〕


本研究結果からcoper群は着地動作において、足関節だけではなく股関節・体幹の運動制御戦略や床反力の衝撃吸収が異なることが明らかになりました。そのため、足関節だけではなく、体幹を含めた全身の運動機能を評価することが、足関節捻挫の再受傷を予防するために重要である可能性があります。

〔原著論文情報〕
Takaya Watabe, Tomoya Takabayashi, Yuta Tokunaga, Takahiro Watanabe and Masayoshi Kubo. Copers exhibit altered ankle and trunk kinematics compared to the individuals with chronic ankle instability during single-leg landing. Sports Biomechanics. 2022.3.23 [In press]


>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/