トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】松浦由生子講師が世界選手権(競泳)の日本代表トレーナーに選出!

健康スポーツ学科の松浦由生子講師が、6月18日~6月25日に行われる競泳の第19回世界選手権(ハンガリー/ブダペスト)の日本代表トレーナーとして選出されました。松浦講師は日本水泳連盟 医事委員・科学委員として従事しており、この度、日本代表トレーナーとして世界選手権および事前合宿において選手のコンディショニングサポートを行います。

◆松浦由生子講師



 

専門分野:アスレティックリハビリテーション、スポーツ理学療法
博士(スポーツ科学)
資格:理学療法士、IOC Diploma in Sports Physical Therapies、日本スポーツ協会 公認アスレティックトレーナー

広島大学医学部保健学科卒業後に理学療法士として病院勤務。その後アスリートの障害・予防に関する知識を、より極めた上でアスリートのサポートを行いたいという思いから早稲田大学大学院に進学し、博士号(スポーツ科学)を取得。早稲田大学スポーツ科学学術院助手を経て2021年より現職。
現在は本学のアスリートサポート研究センターに所属し、強化部のサポートを行っている。またアスリートの障害・外傷予防やパフォーマンス向上に関する研究分野を専門とする。

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

>>健康スポーツ学科のブログはこちら
https://hs.nuhw.ac.jp/