文字サイズ

TOPICS

【理学療法学科】江玉睦明教授らの研究が国際誌に掲載されました!

江玉睦明教授(理学療法学科,スポーツ医科学Lab,アスリートサポート研究センター,運動機能医科学研究所)らの研究が国際誌に掲載されました!

〔研究の概要〕
ヒトの膝関節には「膝蓋下脂肪体」と呼ばれる組織があり、関節に加わる負荷を和らげてくれるクッションの役割をしています。しかし、外傷などで膝関節が腫れたり変形したりすると、痛みの原因にもなる非常に厄介な組織です。この膝蓋下脂肪体の形態は未だ謎に包まれており、さらに関節変形との関係性は十分に検討されていません。
そこで本実験では、膝蓋下脂肪体の形態と関節変形(膝蓋大腿関節)との関係性を検討しました。その結果、膝蓋下脂肪体は滑膜外、関節包内に位置していました。また、膝蓋下脂肪体は膝蓋腱の深層にある体部だけでなく、膝蓋骨の辺縁部に位置する内側部と外側部が存在し、3つのタイプに分類することができました。更に、関節変形が重度の膝では膝蓋下脂肪体の内側部と外側部が欠損しており、体積も小さいことが明らかとなりました。本研究結果から、関節変形が進むと膝蓋下脂肪体は委縮する可能性が示唆されました。
本研究結果は、国際誌「Scientific Reports」に掲載予定です。

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2022/05/-20220519.html

〔研究者からのコメント〕


国内での変形性膝関節症患者は、自覚症状(膝痛など)を有する患者数で約1000万人、潜在的な患者数(X線診断による患者数)で約3000万人と推定されており、多くの方が困っている痛みの一つです。今後は、本研究結果を発展させ、膝関節痛の効果的な治療法の開発に繋げていきたいと考えています。

〔原著論文情報〕
Edama M, Otsuki T, Yokota H, Hirabayashi R, Sekine C, Maruyama S, Kageyama I. Morphological characteristics of the infrapatellar fat pad. Scientific Reports. 2022. [In-press].

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/
このページのトップへ