文字サイズ

TOPICS

【強化指定クラブ】2022年度新入生オリエンテーションを開催!

毎年新入生を対象に実施している「強化指定クラブ新入生オリエンテーション」を、5月18日(水)・19日(木)の2回に分け開催いたしました。今年度は、約200名の新入生が強化指定クラブへ入部いたしました。

新入生オリエンテーションでは、①「強化指定クラブ所属学生の心得」 ➁「新潟医療福祉大学スポーツ憲章」 ③「セーフティーネット」 ④「SNS利用・活用」 ⑤「大学スポーツにおける不祥事」の5つの項目について、西原康行強化指定クラブ運営部長(健康科学部長)、スポーツ振興室から説明を行いました。西原部長から「強化指定クラブの心得」として、新入生が本学で活躍する上で大切な4つの心得についてポイントを絞って説明いただきました。「スポーツ憲章」では本学の大学スポーツに対する基本的な考え方が示され、その後、「SNSの利用・活用について」と「大学不祥事について」実例を交えながら研修を行いました。SNSにおいては自身の使い方を見直すきっかけと、良い活用をして自分自身や大学スポーツの価値を高めていくことの重要性を学び、大学不祥事の研修では、ニュースで見たり聞いたりしていたことが、実際には物凄く身近で起きている事を目の当たりにした学生が多かったようです。アンケートの回答でも絶対に起こさない65%、自分だけではなく周りにも大きな影響を及ぼすことを痛感した21.2%、他人事ではなく、身近で起きている問題であると痛感した13.9%、といった回答が寄せられました。

また本学学生支援体制の中でも重要な取組の一つである、「セーフティーネット」について改めて紹介いたしました。地元を離れて一人暮しをしている学生も多くいる中、コロナによって思うような学生生活を送れない状況において、不安や悩みを抱えるケースは少なくありません。学生の悩みや困りごとの解決に向けた支援体制として、本学では各種相談窓口を開設しています。一人で悩み抱え込まない。何でも相談できる支援体制があることを改めて伝えました。アンケート回答におきましても54.7%の学生さんが安心できる環境だと感じていただき、45.3%の学生さんは既に困ったら活用したいと回答いただきました。

今回の研修を通じて、一人一人の行動や発言に関して、考えるきっかけになった研修になりました。そして、なぜ大学に進学したのか。なぜ大学で競技を継続するのか。その目的を常に意識し、確認することで、自身の夢や目標の達成のために何をすべきなのか、しっかりと考えながら充実した4年間を送ってくれることと思います。そして4年後のビジョンを学生一人一人持っております。自身が描く将来ビジョンに向けて学業とスポーツを両立しながら目指していきましょう。



>>強化指定クラブ特集はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/sport/
このページのトップへ