文字サイズ

トピックス&ニュース

【理学療法学科】齊藤慧講師らの研究が『Neuroscience』に採択されました!

齊藤慧講師(理学療法学科,神経生理Lab,運動機能医科学研究所)らの研究が『Neuroscience』に採択されました!

〔研究の概要〕
後頭頂皮質は触覚情報を処理する大脳皮質領域のひとつであり,手指で触れた物体の形状などを識別するときに重要な役割を果たしています.我々の研究グループは,右大脳半球の後頭頂皮質に対して微弱なノイズ電流(tRNS)を与えることで右手指の触覚機能が向上する一方,刺激前の弁別能力が高い対象者では,左大脳半球の後頭頂皮質にtRNSを与えると弁別能力が低下することを明らかにしました.本研究成果は,国際誌『Neuroscience』に掲載されます.

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2022/06/-20220603-1.html

〔研究者からのコメント〕

今回の研究では,左右の後頭頂皮質へのtRNSが右手指の触覚機能にもたらす効果が異なることが示されました.脳卒中などの中枢神経疾患に罹患すると多くの患者で触覚機能が低下することがわかっています.しかし,脳卒中によって低下した触覚機能を改善させる治療法は未だ確立されていません.今後,後頭頂皮質に対するtRNSが触覚機能障がいにアプローチできる新たなリハビリテーション手法となることが期待できます.

〔原著論文情報〕
Kei Saito, Naofumi Otsuru, Yasuto Inukai, Sho Kojima, Shota Miyaguchi, Kazuaki Nagasaka, Hideaki Onishi. Effect of transcranial electrical stimulation over the posterior parietal cortex on tactile spatial discrimination performance. Neuroscience. Vol.494. 94-103. 2022. DOI: https://doi.org/10.1016/j.neuroscience.2022.05.010

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/
このページのトップへ