文字サイズ

TOPICS

【プレスリリース】2023年4月新設 リハビリテーション学部 鍼灸健康学科がはり師・きゅう師を養成する学校として正式に認定されました!

平素より新潟医療福祉大学(以下、本学)への格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2023年4月に新設する【リハビリテーション学部 鍼灸健康学科】が、はり師・きゅう師を養成する認定学校として文部科学省より9月28日(水)付にて受理、認可されましたのでお知らせいたします。
これにより鍼灸健康学科で必要単位を取得することで、はり師・きゅう師の国家試験受験資格が得られます。

【新設学科】
・リハビリテーション学部 鍼灸健康学科
[入学定員]:40名
[目標とする資格]:はり師・きゅう師

◆2023年4月「新潟医療福祉大学附属鍼灸センター」を設置予定!
鍼灸健康学科の学生が主として使用する施設として、第11研究棟・実習棟を新たに設置します(2023年3月竣工予定)。この施設内に「新潟医療福祉 大学附属鍼灸センター」を設け、実際に患者様を治療する鍼灸院として運営するほか、「スポーツ」「美容」等の様々な分野の技術を学ぶことができる臨床実習施設を設置する予定です。
また、「大学の玄関口」として学習や休憩に利用できるホールやラウンジ(1階)、日本海を眺める「夕日テラス」(5階)を通じて、 学生や教職員が交流できる空間を設けています。

◆北海道・東北・甲信越地方で初となる鍼灸師養成大学
鍼灸師は、「鍼(はり)」と「灸(きゅう)」を使って体の不調を改善や治療を行う医療専門職です。東洋医学に基づき、体のツボを刺激し、人間が持つ自然治癒力を高め病気の治療や予防を行います。鍼灸師養成大学は全国に10校ありますが(2022年8月現在)、いずれも関東・関西・東海および九州各地方に設置されており、新潟県のほか、北海道、東北、甲信、北陸各地方にはない状況です。
本学科は、鍼灸師養成を主たる目的とする大学として、北海道・東北地方・甲信越地方に初めて誕生することとなります。新潟県を拠点に、近隣県を含め鍼灸師を育成することで、鍼灸業界の更なる発展に寄与し、医療の発展の一助となればと考えています。

>>鍼灸健康学科公式ブログはこちら
https://ap.nuhw.ac.jp/

>>鍼灸健康学科公式Instagram
https://www.instagram.com/nuhw_ap_insta/

 
このページのトップへ