健康栄養学科教員紹介

健康栄養学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科ブログ

健康栄養学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科ブログ

教員紹介

岩森 大写真

健康科学部/健康栄養学科

岩森 大
Hajime Iwamori
講師

プロフィール

担当科目調理学、介護栄養学、フードコーディネート論等
専門分野調理科学、栄養学
学位・称号/取得機関/取得年修士(食品栄養学)/東京農業大学/2001年
資格管理栄養士
最終出身校東京農業大学
所属団体・学会等摂食嚥下リハビリテーション学会
日本調理科学会
日本官能評価学会

業績等

研究領域高齢者の食事形態と食品のテクスチャーに関する研究
研究紹介食べ物を咀嚼すること、あるいは嚥下することが困難な人に対する食事をより良くするために、様々な検討を食材のもつ調理特性からアプローチしています。近年は増粘剤に着目し効果的な使用方法を検証しています。
著書応用自在な調理の基礎 日本料理篇 河内一行 鈴野弘子 長島伸浩 岩森大 他 家政教育社 2015年
研究論文H,Iwamori I,Ashida Y,miyaoka. A Piezoelectric Sensor-Based System for Objective Analyzing of the Preparation of Fluid Foods. J Sensor Tec.2014, 4, 148-153. Y. Miyaoka, I. Ashida, H. Iwamori, Y. Tamaki, S. Kawakami, T. Yamazaki, and N. Ito, The effect of masseter activity patterns during chewing on suprahyoid activity in subsequent chewing cycles., Journal of Behavioral and Brain Science, 4, 69-74, 2014. Y. Miyaoka, I. Ashida, T. Yamazaki, N. Ito, Y. Tamaki, S. Kawakami, and H. Iwamori, Classification of masseter activity patterns during chewing in healthy young adults: The effect of taste signals., Journal of Behavioral and Brain Science. 3, 432-439, 2013
研究業績とろみ調整食品の使用における新表記法の開発 若手研究(B)